FC2ブログ
12« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

京都のレストア旧車、中古車パーツ販売のチューニングカーショップ『斎藤商会』

   

京都市内にて旧車を中心にレストアやチューニングをメインにしているファクトリーです。
国産、外車を問わず幅広い車種のメンテナンスや修理が出来ます。絶販パーツの製作や再生、改造(改良)などが得意中の得意!

FS5W71Cミッションオーバーホール 

DSCN6659.jpg
久々、日産の71Cミッションのオーバーホール依頼。まだ部品は何とか揃います。
DSCN6657.jpg
回転部分のベアリング関係と、シンクロはすべて交換します。その他、シムやクリップ、シンクロキーなども交換です。
DSCN6658.jpg
順番を間違うとめんどくさいので、針金でくくっておくと後で楽です。
DSCN6660.jpg
今回のミッションはギヤやコーンに不具合は無かったので、再使用できます。
DSCN6665.jpg
これだけの部品が交換になりました。
DSCN6655.jpg
このミッションは重たいのが難点です。ケースに組み込む時は一人だとつらいです。
2速と3速にダブルコーンシンクロを採用しているので、ハードな使い方のも耐えてくれます。古い71Bなどに代わってこのミッションを使う人も結構います。
スポンサーサイト



日常のお仕事  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

これもエンジン。 

DSCN5601.jpg
これはソレックスという、おフランスのモペットのエンジン。簡単極まりない構造ですが、すべての機能が凝縮して入っています。
DSCN5600.jpg
残念ながらコンロッドが折れてお亡くなりになっていました。しかし、コンロッドさえ変えれば元通りです。簡単にもほどが有る構造ですが、ちゃんとしたエンジンです。発電機もクラッチも全部このコンパクトな中に納まっています。面白いですねー..
本日の残念  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

普通の仕事の中にも 

DSCN6300.jpg
めっちゃ普通の仕事。スバルのタイミングベルトの交換なのですが...
DSCN6301.jpg
何気に、タイミングマークのずれが無い様に写真を撮っておくんですよ。後でわかるようにね..
DSCN6303.jpg
相マークの位置がこれで分からなくなることは有りませんからね..
DSCN6304.jpg
ん、なんだこれは..なんかおかしなことになっておりますぞ.....
ウオーターポンプが壊れて、中のベアリングが飛び出しています。水漏れは無いのですが、これはもう交換するしか有りませんな。
しかし、これは目視で分かったからいいものの、気が付かなかったら大変な事です..危ない所でした.....
日常のお仕事  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

GT0 車高調製作 ブレーキ強化 

DSCN6459.jpg
DSCN6479.jpg
GTOのフロントブレーキを強化、車高調に作り直すお仕事です。
DSCN6480.jpg
とある車の流用ですが、ディスク径が少し大きくなって、ベンチレーテッド化、今後の部品の入手もしやすいのをチョイスしました。
DSCN6481.jpg
GTOのストラットに他車のローターとキャリパーを移植するため、ハブとローターの加工、キャリパーステーの製作が必要です。
DSCN6482.jpg
3次元の位置合わせは何度やっても大変です。おまけにブレーキはとても大切でデリケートなパーツなので、コンマ台の精度が求められます。非常に神経を使います。
DSCN6614.jpg
車高調化するにあたってアッパーマウントも調整式のピロアッパーに変えます。もちろんGTO用などは売っていないので製作です。
DSCN6615.jpg
ノーマルのストラットを外して、製作した足回りを付けてみます。
DSCN6617.jpg
車高調のカラーの位置決めも現車に取り付けてからでないと正確な位置が分かりません。狙った車高に合わせてバネのプレロードも計算に入れ、正確な位置を決めて行きます。
DSCN6618.jpg
位置が決まったらすべてを分解取り外して、溶接、塗装の作業に入ります。
DSCN6629.jpg
実際に取り付けてみると、あちこち干渉します。ナックルやスタビが邪魔です。
DSCN6630.jpg
今回はスタビライザーを取り外して、エンド位置の変更をするための加工して、取り付けのロアアームの製作をして何とかクリアしました。
日常のお仕事  /  tb: 0  /  cm: 1  /  △top

ガソリンタンク地獄 

DSCN6486.jpg
この頃やたら続くガソリンタンクの修理...
DSCN6488.jpg
最近は確証が出来ました。やはり5年程度でこんな風になるようです
DSCN6492.jpg
切開する為には、一度内部を洗浄する必用が有ります。この作業をしないとタンクをカットする時に引火してしまいます。
DSCN6494.jpg
タンクと同時にセンダーユニットも再生させなければなりません。
DSCN6511.jpg
底板にこのように穴が開いています。
DSCN6512.jpg
こうなってしまうと、もう張り替えなければなりません。
DSCN6513.jpg
これはまた違う車のタンクですが、こういった仕事が続くと、神経が参ってきます...