FC2ブログ
12« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

京都のレストア旧車、中古車パーツ販売のチューニングカーショップ『斎藤商会』

   

京都市内にて旧車を中心にレストアやチューニングをメインにしているファクトリーです。
国産、外車を問わず幅広い車種のメンテナンスや修理が出来ます。絶販パーツの製作や再生、改造(改良)などが得意中の得意!

サニトラ続き 

DSCN1217.jpg
メーターパネル製作に伴い、空燃費計を付けるため、センサーをタコ足に付けなければなりません。キャブとタコ足をいったん外し、
DSCN1218.jpg
集合部分にセンサーアダプターを付けます。
DSCN1219.jpg
変なところにステーが付いていたので、取り外します。
DSCN1220.jpg
アダプター溶接。
DSCN1222.jpg
サーモバンテージを巻いたら..
DSCN1223.jpg
元通りに組み付けます。はあはあww
DSCN1225.jpg
やっと完成です。疲れたー。
スポンサーサイト

仮載せ 

DSCN1186.jpg
このオートメーターのタコをセンターに持ってきます。
DSCN1188.jpg
こんな感じです。
DSCN1187.jpg
裏はこうなっています。スピードメーターを切り離して移動させるので、基盤もろとも大胆にカットしました。取り付けは新たにマウントを作って行きます。
DSCN1189.jpg
本来ラジオが入っていた部分にはオーディオが入っていました。既に加工されて大きく切り取ってあるので、ここを作り直して、42パイの3連メーターをビルトインします。
DSCN1190.jpg
いったん少し小さめのパネルで埋めてからメーターパネルを被せます。
DSCN1191.jpg
ワイパースイッチの有ったところに空燃比計を埋め込み、シガーソケットの有った場所にワイパースイッチを持ってきます。これで全体のレイアウトは決まりました。後は配線とマウント方法を考えます。

サニトラ、メーター製作 

DSCN1185.jpg
サニトラのメーターパネルを作り直す仕事。センターにスピード、右がコンビネーション、左はフタがしてあるのですが、この車には後付のタコメーターがセットされていました。これをセンターに大型のタコメーター、左にスピードとレイアウトを換えます。簡単に言いますが、スピードとコンビネーションメーターは一体成型で作られていますので、基盤ごと真っ二つに切り離して、足らなくなった部分は作り直し、配線は弾き直しとなります。頭の痛い仕事です。乞うご期待ww