FC2ブログ
03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

京都のレストア旧車、中古車パーツ販売のチューニングカーショップ『斎藤商会』

   

京都市内にて旧車を中心にレストアやチューニングをメインにしているファクトリーです。
国産、外車を問わず幅広い車種のメンテナンスや修理が出来ます。絶販パーツの製作や再生、改造(改良)などが得意中の得意!

VG40センチュリーばっかり 

DSCN7301_20201224201513d6e.jpg
このところ、やけに多いVG40センチュリーのボールジョイント修理。月に2.3台は有りますかねー。車が大きくて重たいので
、負担がかかるのでしょうね。がたを発見したら早めに直しましょうね。中のボールがいかれてからだと高く付きますよー...
スポンサーサイト



VG40センチュリー タイロッドエンド修理 

DSCN7301.jpg
この頃多いVG40 VG45のセンチュリーのボールジョイントの修理。タイロッドエンド、ピットマンアーム、アイドラアームがことごとく壊れて入ってきます。月に2.3セットは有りますね。このタイプのボールジョイントは特殊な一体構造のブッシュの中に納まっています。
制作はとても大変です。唯一ピットマンアームのスラスト方向のブッシュだけは入手可能なので、ひと手間省けます。
リヤについているエアショックも曲者です。バックがエア漏れすると車高を保てなくなるので、交換が必要なのですが、これも製廃です。しかし、社外のショックを使って、修理する手段を見出しましたので、これは解決できます。

今月も大量のボールジョイント修理 

DSCN4986.jpg
DSCN4988.jpg
DSCN4987.jpg
DSCN4727.jpg
DSCN4728.jpg
DSCN4820.jpg
DSCN4821.jpg
DSCN4822.jpg
DSCN4825.jpg
DSCN4826.jpg
DSCN4951.jpg
DSCN4952.jpg
DSCN4953.jpg
DSCN4982.jpg
DSCN4983.jpg
今月もなかなかの量をこなしましたよ。統計的には、トヨタが圧倒的に多いかな..次に日産..で三菱てな感じです。

まだまだ続く、ボールジョイントの修理。 

DSCN3731_20171109164512166.jpg
古いトヨタのバンのパーツです。このころのトヨタの純正ボールジョイントは大体同じ構造ですが、擦り切れて摩耗する経過も同じです。
 今回はピットマンアーム、リレーロッド、ドラッグリンクの修理です。
DSCN3733.jpg
この、ドラッグリンクやリレーロッドは分解するのがとても面倒です。DSCN3750.jpg
最終工程が終わった所。クリアランスを機械加工で決められないので、いまだに一回で終わった試しが有りません。
DSCN3751.jpg
これでまた向こう何年かは使ってもらえるはずです。外からのメンテナンスはほとんど出来ないので、永久に使えるパーツでは有りませんが、ブーツの破れなどで寿命が短くなりますので、時々は点検するのがいいでしょうね。

アトラス ドラッグリンク修理 

DSCN2736.jpg
古いトラックのドラッグリンク修理の依頼です。
トラック系はあまり経験が無いのですが、頑張って直します。
DSCN2737.jpg
通常のボールジョイントと違って、センターのボールを左右に有る、半月状のカラーで押さえこんである仕組みです。
DSCN2741.jpg
今回は中身の修理に加えて外観に有るダストブーツも探さなくてはなりません。
DSCN2742.jpg
ハードルの高い修理です。