FC2ブログ
12« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

京都のレストア旧車、中古車パーツ販売のチューニングカーショップ『斎藤商会』

   

京都市内にて旧車を中心にレストアやチューニングをメインにしているファクトリーです。
国産、外車を問わず幅広い車種のメンテナンスや修理が出来ます。絶販パーツの製作や再生、改造(改良)などが得意中の得意!

BNR32GTRもこのありさま 

DSCN4859.jpg
BNR32もこういうお年頃なのですねー平成の車とはいえ、もう30年近くも前の車なのですよ
DSCN4860.jpg
すっかり腐って来ていますね
DSCN4865.jpg
大穴があいています
DSCN4866_20181109152639746.jpg
これ以上放っておくと、原形が分からなくなりますので、外科手術です。
DSCN4928.jpg
まずは腐っている所を切り落とします。
DSCN4929_201811091526430f5.jpg
DSCN4930.jpg
周りの塗装を落とすと、腐りが広範囲にわたっているのが分かります。
DSCN4932.jpg
ピースを組み合わせて、複雑なRの制作して行きます。
DSCN4933_201811091526475a0.jpg
DSCN4934_20181109152648dbb.jpg
DSCN4935_201811091526502be.jpg
大まかに継ぎ合わせた所で歪み抜きの板金を行います。
DSCN4937_201811091526538af.jpg
DSCN4938_20181109152654522.jpg
まあまあ綺麗なRが出来たと思います。これで板金作業は終わりです。
DSCN5000.jpg
勿論、少しはパテを入れますよ。
で、塗装すればこの通り。
DSCN5001.jpg
DSCN5002.jpg
DSCN5004.jpg
DSCN5005_20181109153712482.jpg
DSCN5006_20181109153713eec.jpg
すっきりとお色直しが出来ました。インナー側も防腐処理の後、シールをしてあるので、もうそうそう錆びてくることも無いと思います。
スポンサーサイト

4年ぶりに... 

1月後半、溜まりに溜まった仕事が掃けて、少しの余裕が出て来ましたよww これはもうやるっきゃないでしょー
久しぶりにリフトを下ろそうかと思ったら、固まっていて動きませんでした。ここから修理ですか^^
でも、1日半位は出来ましたかね。一日溶接をしていたら、顔面を焼いてしまいました..
お客さんにいただいたミニカーを眺めながら、もうすぐこんな風になるかなと妄想して頑張ります...DSCN4137.jpg

TE27 リヤフェンダー板金 

DSCN3792.jpg
リヤフェンダー周りにもピンホールの様な塗装浮きがあったので、念のため塗装をめくってみると、案の定下から腐りが出て来ました。この感じだとドアやリヤパネルもおんなじようになっているような気がします。がっかりですが、見逃がすわけにはいかないので、しぶしぶ剥離します。まア大体こんなもんです...

TE27復活まで 

DSCN2917.jpg
おととしから始めていたTE27トレノの復活劇。なかなか進みません。夏も終わって、良い季節になってから少し時間に余裕が出来て来たので、再開する事に..
DSCN3163.jpg
ぼろかったエンジンルームと左右のフロントフェンダーの板金から..
DSCN3161.jpg
板金は意外と速く進むのですが、下地までの工程が何かと時間がかかります。
DSCN3160.jpg
ついつい、いらんことを考えてしまうので、さらに時間がかかります。トレノのフロントフェンダーのウインカーは僕好みではないので、違う物に変えます。なので、元の取り付け部は蓋をしてしまいます。
DSCN3167.jpg
こんな事をしているから進行が遅いのですよね....
DSCN3692.jpg
ジャーン。それでも何とか下地までたどり着きました。ここからは一気に加速しますよーww
DSCN3703_2017101419480870d.jpg
サフェーサーから一気に色を入れても染まりが悪いので、中間色を吹きます。
DSCN3706_20171014194808427.jpg
ホン塗り完成。後はエンジンを積んで、全塗装に進みます。
DSCN3709_20171014195348f3e.jpg
オーバーホールしてあったエンジンや補機類、配線や配管を組み立てれば前回りは終わりです。年内には完成するでしょうか...