FC2ブログ
03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

京都のレストア旧車、中古車パーツ販売のチューニングカーショップ『斎藤商会』

   

京都市内にて旧車を中心にレストアやチューニングをメインにしているファクトリーです。
国産、外車を問わず幅広い車種のメンテナンスや修理が出来ます。絶販パーツの製作や再生、改造(改良)などが得意中の得意!

コンフォートのギヤ比変更 

DSCN8002.jpg
とても珍しいお仕事です。クラウンコンフォートのフィフスギヤをハイギヤに交換する内容です。
DSCN8004.jpg
新しい部類のW系トヨタミッションは、分解組み立てがとても厄介です。専用のSSTが無ければ、メインシャフトをケースから取り外すことも出来ません。
DSCN8006.jpg
おまけにこのミッションはとても重たいので、一人で作業をしているとひと汗かきます。
DSCN8007.jpg
とにかくセンターにあるフレートにまでたどり着くのが通常のW系ミッションの倍以上の時間かかります。
DSCN8008.jpg
このミッションは状態がとても良く、精度がしっかり保たれているのがせめてもの救いです。
DSCN8011.jpg
久々に夜中まで格闘しました。
DSCN8012.jpg
とうとう朝がやってきましたが、まだまだかかりそうです。
スポンサーサイト



日常のお仕事  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

S81V ハイゼットのキャブレター正常化 

DSCN7982.jpg
80年代のキャブレター車は排ガス規制をクリアする為にアナログなりの対策がしてあります。電動ソレノイドバルブとバキュームによる原始的な制御です。
ところがこれらが経年変化によって壊れると部品を探したり修理したりが大変です。
DSCN7987.jpg
腐食によって無くなったり折れたりしているパーツなどメーカーからは出てくることは有りません。
加速ポンプのワンウェイバルブやダイヤフラムなどすべて製作で補わないとなりません。
この作業がとてつもなく時間がかかります。本来非分解の部品をこじ開けて中身の部品をどうにか機能するように直すのですが、時間はかかるし神経はすり切れるしで、すぐに行き詰まります。何とかしなければ直りませんし、誰も助けてはくれません。
DSCN7989.jpg
ちゃんと直った時は感動ものですが、うまくいくパターンばかりでは有りません。場合によっては部品の為に車を1台買ったりすることも有ります。これらを外注でやってくれていたキャブレター屋のおやじがもう引退して早数年、今更ながらに職人の偉大さを思い知るこの頃です。
日常のお仕事  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

クラックの下側.. 

DSCN7564.jpg
奇麗に塗装されているハコスカですが..
DSCN7566.jpg
このようにクラックが発生してきています。
DSCN7567.jpg
なぜこのようなことになるのかと言うと..
下地が幾層にもなっていて、地金からパテ、サフェーサー、塗装までが何層にも重なっていて、気温の変化で伸び縮みを繰り返した結果割れになって表れるのです。
DSCN7568.jpg
塗装を剥がしていくと、何層にもなった過去の歴史が現れます。3回以上は塗られていますね..
DSCN7569.jpg
本来は全部剥がして、地金まで出してから下処理をするのが正解ですが、とてつもなく高く付いてしまいます。この固体もいつかはそのような日が来るのでしょうが、修理にはあらゆる要素や事情が付いて回りますので、事情に合ったやり方をしなければなりません。
日常のお仕事  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

ドラムブレーキの研磨修理 

DSCN7711.jpg
時々ありますね。ドラムブレーキの内部に異物が入ったんでしょうね..シューの表面がレコード盤の様に変摩耗しています。
DSCN7714.jpg
ドラム側も勿論この通り。
これではブレーキがちゃんと効いてくれません。
DSCN7715.jpg
旋盤で表面を整えて修正します。
DSCN7716.jpg
これで元通り。勿論シューも新品に取り換えて作業終了です。
日常のお仕事  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

ルーチェ ブレーキマスター&マスターバック修理 

DSCN7641.jpg
DSCN7640.jpg
初期型ルーチェ入庫。ほどほど程度は良いのですが、あちこちに問題を抱えています。
DSCN7433.jpg
ブレーキマスターからのオイル漏れと、マスターバックの交換作業なのですが、勿論部品は製廃です。
DSCN7630.jpg
DSCN7631.jpg
マスターバックはハコスカ用を改造して使います。形状は良く似ていますが取り付け方法などが違います。
DSCN7632.jpg
マスターバックのダイヤフラムが破れています。これでは負圧が発生してくれません。交換です。
DSCN7634.jpg
ルーチェとハコスカの物を並べてみるととても良く似ています。あまり加工しなくても装着できそうです。
DSCN7635.jpg
外観もボロボロなのでリフレッシュします。
DSCN7636.jpg
奇麗に塗装して組み上げます。
DSCN7639.jpg
マスターの方はストックの中からシール類を探し出し、何とか復活しました。マスターバックも正常に機能するようになりました。
日常のお仕事  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top