FC2ブログ
03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

京都のレストア旧車、中古車パーツ販売のチューニングカーショップ『斎藤商会』

   

京都市内にて旧車を中心にレストアやチューニングをメインにしているファクトリーです。
国産、外車を問わず幅広い車種のメンテナンスや修理が出来ます。絶販パーツの製作や再生、改造(改良)などが得意中の得意!

日野コンテッサ再起動 

DSCN7098.jpg
日野の乗用車と言えばこれですわ。コンテッサ1300セダン。10年強放置してあったのを再起動させるお仕事です。
DSCN7101.jpg
本来、トランクルームにあたるところにエンジンが有ります。そう、この車は日本の乗用車では珍しい、リヤエンジン車です。
DSCN7102.jpg
エンジン本体は恐らく問題ないでしょうが、ラジエーター、ウォーターポンプ、ホース関係、キャブレター、燃料タンク、燃料ポンプなどは再生か交換になります。
DSCN7118.jpg
まずはお決まりのタンクから...
DSCN7119.jpg
これを見れば、もう中身の様子が分かりますよね..
DSCN7120.jpg
タンクユニットなどはもう手に入らないので、再生させるしか有りません。気の重い仕事です。
DSCN7122.jpg
タンクの中には仕切りすら有りません。直すのは簡単でいいのですけどね...
DSCN7123.jpg
ブレーキやクラッチの油圧関係のパーツもすべてやり直しです。ブレーキのホイールシリンダーなど、左右で違い物が付いていましたが、これもこの車の歴史を物語っています。
DSCN7124.jpg
パーツは壊滅的に有りません。勿論日野から純正部品など出る由も有りません。
流用か製作になります。
DSCN7125.jpg
ブレーキパイプなどもぼろぼろですが、この辺の製作は比較的簡単です。
DSCN7145.jpg
再生したパーツを組み込んでいきます。
DSCN7142.jpg
タンクも無事修理完了。
DSCN7148.jpg
キャブレターも再生出来ました。
DSCN7150.jpg
部品はすべて製作品です。簡単な構造ですが、費用はうんと掛かります。
DSCN7144.jpg
アーム関係、ボールジョイント関係はそのまま使えそうなので、今回はそのまま使います。全部をオーバーホールしていたら途方もない費用が掛かってしまいます。なかなか一辺に仕上げることは困難です。
スポンサーサイト