FC2ブログ
07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

京都のレストア旧車、中古車パーツ販売のチューニングカーショップ『斎藤商会』

   

京都市内にて旧車を中心にレストアやチューニングをメインにしているファクトリーです。
国産、外車を問わず幅広い車種のメンテナンスや修理が出来ます。絶販パーツの製作や再生、改造(改良)などが得意中の得意!

便利な世の中です。 

DSCN5940.jpg
トヨタ4Aエンジンのウィークポイントであるディストリビューターからのオイル漏れ。新品が買えた頃の最終価格が5万円強だったような...
周りからのオイル漏れはOリングの交換で直りますが、シャフトからのオイル漏れはアッセンブリーで交換しか直りません。パーツは勿論生産廃止品です。少し前なら頭の痛い所です。交換するにしても非常に高価でしたからねー
 このまま放置すると、染み出たオイルがデスビの中で拡散して、点火のシステムを壊してしまいます。そうなればエンジン停止、レッカーのお世話になります。
DSCN5941.jpg
ところが、世は流れ、こうした製廃部品もリビルト品が手に入るようになりました。価格も当時の半額ぐらいです。これは大変ありがたい事ですねー。旧車にも優しいこうした事例もどんどん増えておりますww


スポンサーサイト



あータンク修理 

DSCN5745.jpg
ガソリンタンクの修理依頼です。
このところあまりやってなかったのですが、この手の依頼はまだまだ続きます。早速分解してみましょうww
DSCN5746.jpg
まあ、なかなかの作品ですね。
DSCN5747.jpg
ぱっと見はいけそうな感じなのですが、よくよく見ると...
DSCN5748_20190620202754351.jpg
なんか入ってますね
DSCN5750_20190620202756c43.jpg
石やらボルトやらが出てきます。なんなんでしょうね。穴が開くほどでは有りませんが、洗浄して錆び取りをするのはかなり大変そうです。ここからは時間仕事です。心を無にしてひたすら磨きます。
DSCN5777.jpg
今回も隙間からかけらが出てきそうだったので、コーティングしました。錆びを完全に落としてからでないとコーティングはしてはいけません。このコーティングが剥がれてきたら地獄です。
DSCN5778.jpg
フラットな部分は良いですね。これより溶接で蓋をして、ピンホールを埋める作業が待っています。

今回のタンク修理はコーティングしてみた 

DSCN4504_201812011910350e8.jpg
相当古いコロナか何かのタンクの流離依頼。
DSCN4505_20181201191037efd.jpg
簡単な構造のタンクですが、材質が変わっています..
DSCN4506_201812011910384a6.jpg
カットしてみるとこんな感じ..相当錆びがまわっていますね
DSCN4507_20181201191039cab.jpg
腐りは有りませんが、表面的に錆びております..
DSCN4508_201812011910417ea.jpg
穴があくほどではありませんが..
DSCN4509_20181201191042272.jpg
全面がこんな感じ..
DSCN4547_20181201191044062.jpg
今回は錆びを落としてから、コーティングしてみました。こういう単純な構造のタンクには有効ですねー

とある外車の内張りトリム製作 

DSCN4156_20180705184650d47.jpg
とある外車のドアトリムの修理。トリムそのモノはまだ何とか使えるレベルなのですが、プラスチックパーツがすべてバキバキに割れてしまっていて再使用出来ません。土台のみ残して製作します。
DSCN4596.jpg
大分あっさりさせましたが、綺麗になりました。こういうのを作るのも結構大変なんですよ...

25年位放置車両を磨いてみた... 

DSCN4319.jpg
長ーい間放置されていたらしい車両を磨いてみたの図。
DSCN4318.jpg
右がヴィフォー。左がアフター。写真じゃ分かりにくいけど、かなり蘇りました。こういった濃いソリッドの色は結構復活するパターンが多いです。気持ちいいですよー..