FC2ブログ
07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

京都のレストア旧車、中古車パーツ販売のチューニングカーショップ『斎藤商会』

   

京都市内にて旧車を中心にレストアやチューニングをメインにしているファクトリーです。
国産、外車を問わず幅広い車種のメンテナンスや修理が出来ます。絶販パーツの製作や再生、改造(改良)などが得意中の得意!

ローダウン 

DSCN0866.jpg
DSCN0864.jpg
エンジンの方が一段落したので、今度は足回り。ローダウンしてと頼まれていたので、まずは分解。
DSCN0865.jpg
フロントはストラット、リヤはセミトレーディングアームと、一般的な足回りです。古い車なので、ローダウンサスキットなどリリースされている訳での無く、昔ながらのサスカットと行きましょうか
DSCN0869.jpg
ただカットするだけでは危険きわまりないので、そこは現在の知恵。
DSCN0868.jpg
ちゃんと、皿に収まるように、エンドの部分を整形して
DSCN0871.jpg
思えば、これも上手くなったよねー。綺麗に整形出来ました。
DSCN0872.jpg
色を塗ったら、まるで商品の様になりました。
DSCN0873.jpg
装着するとこんな感じ。フロント6cm リヤ5cmのダウンと狙い通りの仕上がり。
後はアライメントをとれば出来上がりです。
スポンサーサイト



3.0CS  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

やっとキャブが付いた 

DSCN0855.jpg
3.0CS、やっとの事でキャブレター装着出来ました。マニは曲がってるし、ウォーターラインは腐って穴が開いているし、ソレノイドの配線は切れているしで付けるだけでも相当な時間がかかってしまいました。でも苦労の甲斐あって、本来の性能を取り戻す事が出来ました。
3.0CS  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

こいつがごててたやつ 

DSCN0846.jpg
こいつが問題だったマニーホールド。水の管理が悪かったらしく、水回りが殆ど腐っています。ウォーターパイプの差し込み口は朽ち落ちて、無惨な姿になっております。洗浄後、磨いた姿がこれなのですが、当初は観られた物では有りませんでした。これよりパイプの朽ちた所を金属パテで修正します。
3.0CS  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

ゼニス帰還 

DSCN0847.jpg
キャブラター屋さんにOHに出していたCSのゼニスキャブレターがOHを終えて帰ってきました。流石キャブ屋、ぬかりは有りません。はずれなかったマニーホールドも見事に離婚しています。ただ、大分格闘したようで、奮闘の痕跡があちこちに有ります。全て修正されていますので、性能に問題は有りません。
3.0CS  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

やっぱりやっかいな車 

DSCN0820.jpg
DSCN0822.jpg
3.0CSですが、エンジン始動には至ったものの調子が悪すぎます。あちこちから水漏れ、オイル漏れも起こしているので、これらも直さなければなりません。取りあえず、キャブのOHから始めようかと思いますが、この車に着いているキャブレターはゼニスのストロンバーグツインチョークが2機がけです。キャブレターの周辺を水が通っているので、錆びてボルトが固着して取り外そうにも、びくともしません。何とかマニーホールドごと外してそれから何とかしようと思います。
3.0CS  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top