FC2ブログ
12« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

京都のレストア旧車、中古車パーツ販売のチューニングカーショップ『斎藤商会』

   

京都市内にて旧車を中心にレストアやチューニングをメインにしているファクトリーです。
国産、外車を問わず幅広い車種のメンテナンスや修理が出来ます。絶販パーツの製作や再生、改造(改良)などが得意中の得意!

時々こんなのを見かける.. 

DSCN4253.jpg
ピロアッパーマウントが左右さかさまに付いていました。RとLのステッカーもさかさまに貼ってあったので、取り付けた人は気がつかなかったのでしょうね。組み立てた人も検品した人も所詮人間ですから、こんな事が有っても別に驚きもしませんが、損するのはユーザーさんですわ。時々こういった事を目にしますが、アフターパーツはご注意あれ..
スポンサーサイト
本日の残念  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

旧車アルある 

DSCN4251.jpg
長期保管のコンパーノスパイダーを動かしていたら、突然ブレーキが利きっぱなしになりました。ありゃりゃーと、ドラムを外してみたら、本来は写真の様なはずなんですが....
DSCN4252.jpg
シューの部分がはがれ落ちて、ドラムに絡まっておりました...特にサイドブレーキをかけっぱなしにしていたわけでもないのですが、長期保管車にはよくある事です。湿気やら温度変化から劣化するのでしょうね。まあ、残念ですが仕方が有りません。部品的にはメーカー製廃ですが、この様な場合でも、シューの土台がしっかりしてさえいれば、再生する事は大体可能です。まだちゃんとシューの張り替えを行ってくれる業者さんがいるのですよ..時間はかかりますが、悲観的な事ではありませんww
本日の残念  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

Z 再び... 

DSCN2330_20170204212229614.jpg
Z750D1続き...どうしても調子が今一なZ。納得いかないので、再びエンジン分解..
DSCN2354.jpg
やはり問題はピストンに有りそう
DSCN2355.jpg
綺麗なもんなんですけどねー  圧縮がうまく上がりません。ヘッドには問題が無いので、やはり腰下に不具合が有りそうです。
シリンダーやヘッド、ピストンヘッドにガスケットと、すべて実測で、圧縮は11.5位の計算なのですが、コンプレっションゲージで計ると7から8ぐらいしか有りません。ピストンクリアランスやリングの合口クリアランスも規定内なのになんなんでしょうねー
DSCN2357.jpg
もう、考えていても分からないので、ピストンを変える事にしました。
DSCN2362.jpg
ピストンはモリワキから、ヨシムラに変更。
2本リングのレース用からスタンダードな3本リングの物に換えます。少々重たくなったり、フリクションが増えたりしますが、原因を突き止める方が先です
DSCN2363.jpg
せっかくなので、新しいチャレンジにも挑戦...
DSCN2365.jpg
ピストンとヘッドにセラミックコートを施す事にしました。
DSCN2366.jpg
どのくらいの効果が有るのかはやってみなければ分かりませんが、カーボンやスラッジは付きにくくなるみたいです。いい結果が出れば、新しいバリエーションに加えようかといも思っていますが、僕は自分で体験した事しか信用しませんので、斯うご期待です。
本日の残念  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

キャブが違う... 

DSCN5781.jpg
SR311ですが、レストアされた時にキャブレターも変更してあります。純正は2型ですが、これは3型ですね。
DSCN5780.jpg
今一走りに物足りさが有るので、外してチェックする事にしました。
DSCN5779.jpg
40パイが付いていました。これでは本来の性能はでませんね..悲しい出来事です。
本日の残念  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

腐りの素 

DSCN5022.jpg
とある車のフロントフェンダーの中。奥の方に泥やら砂のようなものが溜まっているのが分かりますか?これが腐りの素なのです。こうした隙間に詰まった物に水分が浸透していつまでも乾かず、錆が発生します。錆が発生すると、更に水分を溜め安くなるので、どんどん進行していきます。そして、鉄板を突き破り表面の塗膜を押して、例のぶつぶつが発生するのです。こうなってからではもう手遅れです。そうなる前に掃除をすればいいのですが、なかなか一般的ではありません。
DSCN5023.jpg
このようにフェンダーの下側のボルトを外して、隙間に詰まったごみを取ってやれば錆が発生することは無いのですが、こんな所まで誰もしませんよね。よく、錆びるからと水洗いはしない人がいますが、本当はこんな所まで水洗いを時々して、錆びの原因となる物を洗い流してあげるのがいいのです。後の処理は結構大変ですけどね..
本日の残念  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top