FC2ブログ
03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

京都のレストア旧車、中古車パーツ販売のチューニングカーショップ『斎藤商会』

   

京都市内にて旧車を中心にレストアやチューニングをメインにしているファクトリーです。
国産、外車を問わず幅広い車種のメンテナンスや修理が出来ます。絶販パーツの製作や再生、改造(改良)などが得意中の得意!

鈴鹿サーキットGSS走行会 

DSCN1318.jpg
今日は、春の恒例となった、鈴鹿サーキットGSS走行会です。日曜日に鈴鹿のフルコースを走れる機会は滅多にないので、いつも楽しみにしています。
DSCN1317.jpg
DSCN1316.jpg
午前中は旧車枠があったので、ハコスカと30Zが山盛りいます。
DSCN1319.jpg
僕らの走行は午後からです。
DSCN1314.jpg
好天に恵まれて、やる気満々です。
DSCN1337.jpg
僕らの前のクラスが続々コースインしていきます。
DSCN1324.jpg
DSCN1328.jpg
DSCN1330.jpg
一周目は完熟走行が有り、同乗者OKなので、一緒に来た人もサーキットのコースを楽しめます。
今日は張り切って、一番にコースイン。クリアラップを狙って、最初からタイムを狙う作戦です。
DSCN1333.jpg
と、まあここまではよかったのですが、この後思わぬハプニングが発生DSCN1332.jpg
コースインして、2週目のS字でそれは起きました。何の前兆もなく、エンジンブロー..
で、その後出火..
DSCN1335.jpg
燃えちゃいました。
DSCN1336.jpg
全焼です。はい。サーキットではこんな事も起きます。皆さんに大変ご迷惑をかけてしまいました。すいません。
これはちょっと復活までには時間が掛かるでしょうねーー残念
スポンサーサイト



イベント情報  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

86のミーティングに行ってきたぞぉ 

今日は、高雄パークウェーで86ミーティングがありましたので、ちこっと行ってきました。
DSCN1306.jpg
台数はまあまあ、みんな綺麗にしてますねー
DSCN1307.jpg
DSCN1308.jpg
DSCN1311.jpg
86は個人でいじる人が多いので、個性が出ます。それぞれこだわりがあって、良いですねー
DSCN1313.jpg
正統派が多いです。
DSCN1309.jpg
天気もよくて最高ー
DSCN1312.jpg
勿論、こういう派手なのも来てますよーかっこいいねー
DSCN1310.jpg
でも僕は昼から地域のお仕事があるので帰らなければなりません。名残惜しいですがお先に失礼します。
イベント情報  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

JZX100のツアラーV 

DSCN1300.jpg
100系のツアラーV、フロントに鬼ほどでかいホイルを履いて、切れ角アップなどしているモンだからパワステが悲鳴を上げました。時々重ステにならはります。ポンプの中でシールが飛びかかってるんでしょうね。ここは交換と行きます。中古も当たりましたが、リビルトが意外に安いので、リビルト物に交換します。
DSCN1301.jpg
新しいポンプがやって来ました。
DSCN1302.jpg
で、まあ、交換するのですが、これは記事にしてもあまりおもしろみにかけますね_
レストア日記  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

450SLC 

DSCN1287.jpg
DSCN1288.jpg
またしてもかっこいいのが入ってきましたよ。W107、450SLCです。SLじゃなくてクーペてのがいいねー。ウエスタン自動車物の正規右ハンドル車です。かなりめずらしいですねー。はい、お仕事お仕事...
DSCN1290.jpg
まずはヒーターのブロアファンからカラカラ音がするのでチェックします。
DSCN1291.jpg
取り外して分解してみると...
DSCN1292.jpg
あちこちプラスチックのカバーが割れてファンが中で踊っています。これで低回転の時にぶれが出て、カバーに接触、音が出るということね。
 本来は新品に交換するべきなのですが、値段を聞いたら驚きの20万円..さすがベンツ。でも買わないモンね
修理しょーー
DSCN1295.jpg
割れた所、12カ所。まず、割れて離れているところに1mmの穴を開け、ステンレスワイヤーで繋いでいきます。その後、プラリペアというプラスティックの補修材を使って貼り合わせてゆきます。DSCN1293.jpg
欠損したところも直せるのがプラリペアの凄いところ。
DSCN1294.jpg
ちょっと高いのが難点ですが、お勧めの商品です。
DSCN1296.jpg
半日格闘して、無事修理完了。
DSCN1299.jpg
次はパワーウィンドと、エアコンの修理、エンジンの調整などが待っています。
日常のお仕事  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

エンジンかかった 

DSCN1297.jpg
カチ、キュルキュルキュルキュルキュルカス、キュルキュルキュルパス、キュルキュルキュルキュルコス、キュルキュルキュルコ、コ、コ、キュルキュル、クォーン、
DSCN1298.jpg
ついに目覚めました。20数年ぶりにエンジン掛かりました。いいねー0-ww排気量以外はノーマルのエンジンなのでZ独特のカムチェーンのヒュルヒュル音がします。クワーン、ヒュルヒュルクワーン。ビールウマーイイ..
店主の趣味  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

今春のサンシャインミーティング開催決定 

_MG_6097.jpg
今年もサンシャインミーティングやります。開催日は5月26日。時間は朝6時30分より10時頃まで。いつもの名神桂川パーキング下り、(京都から大阪方面に向かって一つ目のパーキングです)オールジャンルですので、車好きなら誰でも参加OKです。京滋の人達が中心ですので、親睦を広めて下さい。僕もうろうろしていますので、仕事の事からプライベートの事まで気楽に聞いて下さい。心ばかりですが、いつものコーヒープレゼントも有ります。朝のほんのひとときですが、明日への活力にして下さい。
イベント情報  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

クラッチマスターの交換。 

DSCN1286.jpg
部品さえあれば何て事のないマスターの交換ですが、旧車の部品の高騰にはうんざりします。この初期型のマスターはインナーキットが生産廃止となっていましたので、ASSY交換になりました。ついこの前まで1万円位だったのが、3万円近くになっています。こう高くなってくると、他車の物を流用加工してでも付けたくなってきます。
日常のお仕事  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

パワーウィンド復活 

DSCN1284.jpg
DSCN1285.jpg
昨日に引き続きハコスカのリヤパワーウィンドを修理します。モーターは分解洗浄後復活したので、ウィンドレギュレーターを組み直します。新しいグリスで稼動部位をまろやかに動くようにしてやると、スムーズに動くようになりました。スイッチがリヤにしか残っていないので、メインを通さず配線を新設します。かなり大きな電流が流れますので、3スケの太い線をリレーを介して吹き直します。一日格闘してようやく完全復活しました。ランチャンネルもひどかったので新品に交換します。これで一つ快適になりました。
日常のお仕事  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

ハコスカのリヤパワーウィンドを復活させます。 

DSCN1282.jpg
DSCN1281.jpg
今日のお仕事。ハコスカのリヤパワーウィンドを動くようにして欲しいとの依頼。フロントはくるくるに変更済みなのですが、リヤはパワーウィンドのまま放置されています。スイッチ等も撤去されていますので、当然このままでは動かせません。取りあえず分解してみて、ダイレクトに通電させてみましたが、反応は有りません。モーターの固着か、レギュレーターの固着が考えられますので、完全に取り外してみます。
DSCN1283.jpg
中身はこれ。完全に固まっています。分解して洗浄後、通電すると、動き出しました。綺麗に掃除して、新しいグリスを塗って組み立てれば、機能は取り戻しそうです。機能が復活すれば、後は配線とスイッチを新設すればOKです。
日常のお仕事  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

レリーズシリンダーお漏らし 

DSCN1275.jpg
日産車の古いのはよく洩れます。車種は何に限らずデス。時々ブーツをめくって確認しておかないと、出先でクラッチが切れなくなります。
本日の残念  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

ラストスパート 

DSCN1276.jpg
もうすぐ完成予定のZ君ですが、少し問題が発生しました。ステアリングロックを付けていなかったので、もう一度三つ叉を取り外すことに..
DSCN1277.jpg
この三つ叉はFXの物なので、形状が少し違います。ステアリングロックの付く位置も違うので加工しなければなりません。先端に18mmの穴を開けます。
DSCN1278.jpg
この位置にハンドルロックが付きます。
DSCN1279.jpg
元通りに組み立てて今日は終わり。。。
店主の趣味  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

ショックのショートストローク加工 

DSCN1272.jpg
ハコスカのリヤショックをショートストローク加工します。車高を下げて使用する場合、ショックが長すぎると、リバンプ側にストロークが有りすぎて、コーナーリング中、加重の抜けた内側の足が必要以上に持ち上がり、キャンバーがポジティブ側に変化し、タイヤの接地面が極端に減って、上手くトラクションが伝わらなくなります。そこで、ショックの動きを制御するのと、1G時の車高に合わせて、ストローク位置を合わす意味でショックを加工します。
DSCN1273.jpg
位置合わせには経験が必要です。
DSCN1274.jpg
こうして加工することにより、動態時のアライメントが正常に働く事になります。
日常のお仕事  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

週末に浜松のpakaさんちでバーベキューだぞ 

DSCN1243.jpg
週末にミクシー仲間のpakaさんちでバーベキューしてまいりました。
DSCN1256.jpg
本日、お誕生日の人の為にみんなでお祝い。
DSCN1246.jpg
勿論、普通にするわけでは無く。。
DSCN1251.jpg
当然悪ふざけが始まって..
DSCN1252.jpg
あかん人、登場...
DSCN1259.jpg
飲めや、食えやで..
DSCN1247.jpg
最近結婚した二人もつるし上げられ...
DSCN1260.jpg
DSCN1263.jpg
濃厚な夜となりましたとさ。
DSCN1268.jpg
DSCN1264.jpg
DSCN1265.jpg
DSCN1266.jpg
DSCN1267.jpg
翌朝、皆さんの乗ってきた車達をチェック。何なんだこれは...
DSCN1270.jpg
DSCN1271.jpg
DSCN1269.jpg
おかしな車しかない。やっぱり車仲間は最高ーーーwwまた遊びましょーー
店主の趣味  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

外装出来た 

DSCN1221.jpg
仕上がり目前のZ2です。外装パーツが塗り上がったので、表面にペーパーをかけ、鏡面仕上げの下準備に。もうちょっとだー
店主の趣味  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

今日はこれだけ.. 

DSCN1240.jpg
本日の髑髏。昨日作ったアングルを装着。エアバルブを載せて、配管をしたら、またしても緊急事態が...今日はこれまで...

サニトラ続き 

DSCN1217.jpg
メーターパネル製作に伴い、空燃費計を付けるため、センサーをタコ足に付けなければなりません。キャブとタコ足をいったん外し、
DSCN1218.jpg
集合部分にセンサーアダプターを付けます。
DSCN1219.jpg
変なところにステーが付いていたので、取り外します。
DSCN1220.jpg
アダプター溶接。
DSCN1222.jpg
サーモバンテージを巻いたら..
DSCN1223.jpg
元通りに組み付けます。はあはあww
DSCN1225.jpg
やっと完成です。疲れたー。

本日の髑髏 

DSCN1232.jpg
リヤ用のエアコントロールバルブを付けるスペースがどうしても見つからず、トランクの左側にアングルでサポートステーを作って空間に浮かす作戦に...
DSCN1233.jpg
この様な物を造ってみました。
DSCN1234.jpg
これをこのウーハーボックスの上に被せる感じです。

おこしやす 

DSCN1181.jpg
年末にはるばる岩手県から遊びに来てくれました、27乗りのKさん。また来てくれました。
DSCN1182.jpg
何か前と違うゾー
DSCN1180.jpg
ボンネットとトランクとオーバーフェンダーがカーボンになってる。
DSCN1183.jpg
サイトウロールゲージさんで一品物で作ってもらったロールゲージが追加されています。
DSCN1179.jpg
進化してますねー。こういうのを見ると嬉しくなってしまいます。27は僕にとっても特別な車です。末永くかわいがってやって下さい。遠い所を御苦労さまでした。
未分類  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

ラブステップのイチゴ狩り 

DSCN1197.jpg
本日は、春の恒例、ラブステップのイチゴ狩りツーリングです。好天に恵まれて、絶好のツーリング日和となりました。
DSCN1192.jpg
八日市に有る、いつものイチゴ農園におじゃまします。
DSCN1194.jpg
今年のイチゴは甘くておいしかったです。食べ放題、一人1300円でした。
DSCN1199.jpg
その後はいつもの池田牧場さんに行って、バーベキュー。これからはバーベキューのいい季節ですね。
DSCN1204.jpg
食べて、騒いで...
DSCN1208.jpg
悪ふざけも恒例...
DSCN1203.jpg
卵スープも恒例となりました。
DSCN1211.jpg
なんと、今年は食後のデザートまで..ん、こ このイチゴは...
DSCN1212.jpg
帰りは牧場の売店でジェラートを食べて...
DSCN1215.jpg
皆さん、お疲れ様でした。次は5月の潮干狩りツーリングです。
イベント情報  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

仮載せ 

DSCN1186.jpg
このオートメーターのタコをセンターに持ってきます。
DSCN1188.jpg
こんな感じです。
DSCN1187.jpg
裏はこうなっています。スピードメーターを切り離して移動させるので、基盤もろとも大胆にカットしました。取り付けは新たにマウントを作って行きます。
DSCN1189.jpg
本来ラジオが入っていた部分にはオーディオが入っていました。既に加工されて大きく切り取ってあるので、ここを作り直して、42パイの3連メーターをビルトインします。
DSCN1190.jpg
いったん少し小さめのパネルで埋めてからメーターパネルを被せます。
DSCN1191.jpg
ワイパースイッチの有ったところに空燃比計を埋め込み、シガーソケットの有った場所にワイパースイッチを持ってきます。これで全体のレイアウトは決まりました。後は配線とマウント方法を考えます。

サニトラ、メーター製作 

DSCN1185.jpg
サニトラのメーターパネルを作り直す仕事。センターにスピード、右がコンビネーション、左はフタがしてあるのですが、この車には後付のタコメーターがセットされていました。これをセンターに大型のタコメーター、左にスピードとレイアウトを換えます。簡単に言いますが、スピードとコンビネーションメーターは一体成型で作られていますので、基盤ごと真っ二つに切り離して、足らなくなった部分は作り直し、配線は弾き直しとなります。頭の痛い仕事です。乞うご期待ww

パワーウィンドからくるくるウィンドに 

DSCN1184.jpg
元々パワーウィンドの付いた豪華仕様のセリカリフトバックですが、長年の年月には勝てず、動きが鈍く、もう何時止まってもおかしくない状態だったので、この際手動のレギュレーターに交換です。パワーウィンド車はモーターが加減をしてくれませんので、すり切れたり、グリスが切れた状態のレールでもゴリゴリ動かします。結果、寿命が縮まって、直そうと思った頃には部品がないことが多いです。その点、手巻きのウィンドは人間の手で動かしますので、手加減しますし、動きがおかしくなったときにはすぐ気づきます。でもこの辺の年式になると、部品を揃えるのも一苦労しなければなりません。
日常のお仕事  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

LにもFCR 

DSCN1176.jpg
ハコスカで使っていたFCRキャブがどうも詰まって来たようなので、軽くOHです。このキャブレターの弱点は長期保管すると、すぐにバタフライが固着したり、フロート室にスラッジが発生したりするところです。元々レース用なので、メンテナンスは豆にしてやらないと、不機嫌になりがちです。調子の出ているときは恐ろしいほどのレスポンスになりますので、さすがに現代のキャブレターと言えます。始動などもインジェクションの様にすぱっと掛かります。
DSCN1178.jpg
DSCN1177.jpg
取り付けるとこんな感じ。ダウンドラフトタイプなので、ポートもほぼ真っ直ぐになり、エキパイからもかなり離れて付きますので、パーコレーションも起こしにくいです。
日常のお仕事  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

ブラストの修理 

DSCN1173.jpg
DSCN1174.jpg
ガラスビーズ用のサンドブラストマシーンが吸塵不足で中が見にくくなってきたので、仕事の合間を見て、さくっと修理します。間に合わせの掃除機を取り付ける部分がエア洩れを起こしています。取り付け位置もイマイチだったのでオフセットする事にします。
DSCN1175.jpg
これでまた当分は上手く機能すると思います。
レストア日記  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

山本自動車クラッシックカーフェスティバル 

DSCN1151.jpg
4/7に丹波ワイン工場ガレージにて行われた山本自動車さん主催のクラッシックカーフェスティバルの模様。
DSCN1152.jpg
エントリー車両もガレージ組もあいにくの天気にも負けず、結構な台数が集まりました。
小雨と強風が残念でしたが、熱いトークには花が咲きます。
DSCN1146.jpg
ウチにもあるコンパーノスパイダーの後期モデル。ヘッドライトが大きくなったので、顔面のイメージがかなり変わりました。
DSCN1147.jpg
ピンク色のS。あえてこの色にするところにオーナーのこだわりが伺えます。
DSCN1148.jpg
26かなー。エランもピンポイントで大好きな車です。かっこいいねー
DSCN1149.jpg
この車はれいの車。ん、でもなんか様子がちがうぞー..て思っていたら、オーナー発見。どしたのこれ、て聞いたら、部品がまだ有ったから作ったんや、との事でした。外装は良いとして、3KRは本物やし、贅沢やねーwwDSCN1150.jpg
当時、トムス仕様のプラモはいっぱい有ったのに、クワハラ仕様は全然手に入らなくて、トムス仕様をクワハラ仕様にカラーリングして作ったのを思い出しました。鈴鹿サーキットで、宿敵サニーB110をやっとやっつけたのをリアルに見たときは完動したねー
DSCN1153.jpg
パブリカのカブリオレでも前期はかなり希少。
DSCN1156.jpg
ビッカビカでした。もう、博物館にいるようです。
DSCN1157.jpg
54Bも勿論いいけど、50も今となってはとても希少。やはり元の車だけ有って、デザインやフォルムにまとまりが有りますね。
DSCN1158.jpg
ここにも26?あかん、しびれるー
DSCN1159.jpg
ついついエランに目がいってしまいます
DSCN1154.jpg
DSCN1160.jpg
DSCN1161.jpg
DSCN1164.jpg
何とも美しい356。ストーンガードのついたヘッドライトがやる気まんまんな感じでいいねー
DSCN1165.jpg
元祖チューンドカー。ルノーゴルディーニ。これも大好きな車。3穴ホイールなんですけど、良くもこれだけのツラ位置ホイールを探せたなと、感心してしまいました。
DSCN1166.jpg
このルノーも気合いタップリ。すごいわー
DSCN1167.jpg
コルティナのエステート。日本ではめずらしいですねー
DSCN1168.jpg
元祖ロングノーズのジャグアーEタイプ。
DSCN1169.jpg
で、最期に、ガレージで見つけたカペラのレーシングカー。本日ナンバーワンです。積車に乗っていたので、全体を写真に撮れなかったのが残念ですが、気合い入りまくっていました。悪っるいロータリーサウンドが今にも聞こえて来そうでした。
イベント情報  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

久しぶり 

DSCN1170.jpg
15年ぶりに壁に吊ってあったタンクを下ろしてみました。中がえらいことになっているのではとドキドキしましたが、意外に何ともなかったです。埃を払って、磨いてみたらそのままでも使えそうです。
DSCN1171.jpg
一気に進んだZです。配線も無事終わり、ブレーキやクラッチのパーツも全て組み込みました。タンクを載せてみると、いっきにバイクらしくなります。後は外装パーツの塗装をして、ゴールデンウィークまでには走ってみたいですね。
店主の趣味  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

クラッチ 

DSCN1076.jpg
最近やたら続くエクセディ、シングルクラッチ。ま、値段も安いし、扱いやすいので好評なんでしょうねー
DSCN1077.jpg
今日の昼からのお仕事です。こういう仕事は頭を使わないからたまにはいいねー
日常のお仕事  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

マフラーの出口を改造 

DSCN1068.jpg
スイフトスポーツに社外のセンター出しマフラーを付けたんやけど、出面の見栄えが悪いので、何とかして。との依頼。出口が低すぎるのと、奥まっているので、相当かっこ悪い..潔くバンパーをカットしてかちあげ、尚かつ延長する事に...
DSCN1070.jpg
こんな所に出口がおります。これではねーー
DSCN1071.jpg
まずは取り外し..
DSCN1072.jpg
繋ぐパイプを刻んで..
DSCN1073.jpg
くっつけると、あら不思議..
DSCN1075.jpg
こうでなくっちゃねエ..お客様にも満足して頂けましたww
日常のお仕事  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

おお ローレル 

DSCN1033.jpg
この辺は変り種ですが、一部の人に異常な人気があります。排ガス規制後の80年代初頭の車達は何かと苦労が多いですが、豪華でかっこいいです。この型のローレルもジャパンのシャシにボディを仮装したようなモノで、ボディと内装以外はそんなに苦労しません。でも専用部品はほとんど手に入りませんのでオリジナル度を保って行くのは大変な部類に入ります。
日常のお仕事  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top