FC2ブログ
11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

京都のレストア旧車、中古車パーツ販売のチューニングカーショップ『斎藤商会』

   

京都市内にて旧車を中心にレストアやチューニングをメインにしているファクトリーです。
国産、外車を問わず幅広い車種のメンテナンスや修理が出来ます。絶販パーツの製作や再生、改造(改良)などが得意中の得意!

シティー 腐り修理の巻 

DSCN2859.jpg
DSCN2861.jpg
DSCN2860.jpg
シティー君。リヤフェンダーの内外が激しく腐ってきています。室内にも水入りたい放題の末期ガンです。ココは切り接ぎを行い、修理します。
DSCN2986.jpg
表もこんな感じで腐りが来ていますが、初めてでは有りません。ほじくってみると、やっぱりアルミテープを貼った後にパテを盛りつけてある、ずさんな修理の後が出てきました。
DSCN2987.jpg
フェンダーの裾の部分は湿気が溜まりやすいので、中から腐ってきます。
DSCN2990.jpg
表に出ているのは少しですが、裏側は凄いことになっているはずです。
DSCN2991.jpg
錆は何処まででも続いています。
DSCN2992.jpg
こんな感じで切り接ぎを行います。もう少し段階を説明すると..
DSCN2994.jpg
まず、腐っているところを切り取り..
DSCN2995.jpg
鉄板を切り出し..
DSCN2996.jpg
重ならないようにぴったりと採寸して合わせ..
DSCN2997.jpg
ひずまないように少しずつ仮留め..
DSCN2999.jpg
やりきったら 、サンダーで面出しを行い、歪みを修正したら..
DSCN3000.jpg
鈑金パテを付けて研ぎ出せば、表面は終わり。裏はFRPを使って隙間を密閉してシールを打ち、チッピングを吹けば完成です。
DSCN2993.jpg
インナーの腐っているところは、切り取った後に鉄板で補修後、表裏をFRPでサンドイッチします。本来はすべて剥離後に、鉄板のみで成型するのが良いのですが、今回は予算の関係で少し妥協します。
スポンサーサイト



腐りの修理  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

やっと来たか.. 

DSCN2988.jpg
実は、35Rは乗ったことが有りません。出たときは身近な人が何人か買いましたが、メンテが日産しか出来ないため、乗るチャンスが有りませんでした。サーキット等でも一緒に走ることは有っても、自分自身で運転する機会が無かったのです。遂にそのチャンスがやって来ました。近所のおじさんが購入されたので、乗ってもいいよと..
DSCN2989.jpg
感想としてはもう、勝てる気がしません..凄いの一言です。このままで鈴鹿を2分30秒切る自信が持てます...でも買わないよーー
日常のお仕事  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top