FC2ブログ
12« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

京都のレストア旧車、中古車パーツ販売のチューニングカーショップ『斎藤商会』

   

京都市内にて旧車を中心にレストアやチューニングをメインにしているファクトリーです。
国産、外車を問わず幅広い車種のメンテナンスや修理が出来ます。絶販パーツの製作や再生、改造(改良)などが得意中の得意!

最近のマイブームのひとつ 

DSCN3270.jpg
最近のマイブームの一つが、補修です。大がかりな鈑金塗装は守備範囲外なので、専門の業者さんにお任せしますが、ちょっとした鈑金や、補修塗装はやってみたい衝動に駆られます。勿論、専門店のようなフィニッシュは期待出来ませんが、そこそこ納得出来る様にはなりました。色合わせや、乾燥の機材はまだまだですが、最終、塗装と言うのは魔法の様に様変わりを体験出来ますので、達成感は相当あります。所詮はごまかし程度ですが、これがなかなかはまります。
スポンサーサイト
店主の趣味  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

エンジン分解 

DSCN3266.jpg
エンジン降りました。これより分解に入ります。
DSCN3265.jpg
分解の前にスチームで綺麗に洗浄しておきます。僕は汚れるのが嫌いなので、分解前には2度手間にはなりますが、洗う作業を入れます。
DSCN3268.jpg
フロントカバーが割れているので、交換しなくてはなりませんが、L6と同じ物なので、在庫品を使います。
DSCN3267.jpg
ぼこぼこに凹んだオイルパンは鈑金後ブラストして見た目も蘇らせます。
DSCN3271.jpg
塗装を施せば、新品以上にぴかぴかに蘇ります。気持ちいいですねー

エンジン降ろせーー 

DSCN3251.jpg
始まりました、ブルのレストア。有る程度チェック出来たので、具体的に進んで行きます。エンジンのフロントカバーが割れているので、どうしてもエンジンは降ろしてばらさなければなりません。ついでにオーバーホールもしますので、間津歯エンジンを下ろします。
DSCN3252.jpg
補記類を外せばあっという間にエンジン廻りは丸裸に..この頃の車はエンジンを下ろすのがほんとに楽です。

ヴィンテージヘルメットのレストア 

DSCN3262.jpg
ちょっと前に買った、ヴィンテージグリフィンのヘルメット。やっとレストア出来そうです。内装は処理出来たので、外装を塗装します。
DSCN3263.jpg
2液のサフでしっかりと下地をした後、ピンホールを仕上げパテで拾っていきます。後は塗装するだけ..
DSCN3264.jpg
ジャーン。今回は紫と茶色の中間色でつや消し仕上げ。メッチャ格好良くなりました。

雪マシーンの整備 

DSCN3253.jpg
雪くるまには普通の車とは違ったメンテが必要です。塩カリの道を走る事を余儀なくさせられますので、錆の進行が半端有りません。特にブレーキ廻りは鋳鉄のパーツで構成されていますので、錆には弱いです。あっという間に錆び付いて、作動不良を起こします。こうなったらOH有るのみです。
DSCN3254.jpg
ピストンが錆び付いて戻りが悪くなり、ブレーキの引きずりを起こします。
DSCN3259.jpg
次はリヤデフのOH。LSDの効きがへたばってきたので、イニシャルを上げる加工をします。
DSCN3260.jpg
クラッチの減りはまだまだ許容範囲なので、シムを入れてLSDの効きを上げる処置をします。
DSCN3255.jpg
ついでにと言っては何ですけど、電動ファンの容量アップも行います。純正品ですが羽の枚数の多い物を組み込む事によって、効率よく水温を管理出来るようにしておきます。ちょっとした事ですが、効果はてきめんです。
日常のお仕事  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

知ってますかーー 

DSCN3191.jpg
皆さん、この車知ってますか?スバルのフラッグシップモデル、アルシオーネのSVXちゅう車です。
DSCN3192.jpg
斬新この上ないデザイン。水平対向6気筒、カウンタックの様なドアガラス。500万円以上したと記憶しております。
極めつけのゲテモノ、際物と言った所でしょうか。んーーんですが、車高短にすればかなり格好良くなるでしょうね。でも、やっぱりんーんんです...
日常のお仕事  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

悲しい現実 

DSCN3187.jpg
また、めずらしいのが入ってきましたよ。2代目プレリュードAB型。販売された当時は斬新なデザインが大受けで、ミーハー君達が相当買いましたねー。女子大生に大人気なんてフレーズも有りました。ワンアームワイパーや国産初の4WSシステムなんかが斬新なパカ目のおしゃれ車でした。中古車になってからも、ハイドロやオーディオカーのベースになって、雑誌を賑わせたもんです。しかしー今となっては絶滅寸前、もう殆ど見かけることは有りません。それというのも、メーカーからのパーツ供給が極端に悪くなり、生き残れなくなったからです。大事に乗っている人からすれば、大問題ですが、メーカーはそんなことは知った事じゃ有りません。早く新しいのに乗り換えろってなもんでしょう。
 この車はオートマミッションの不良修理で入ってきましたが、パーツは皆無。先の見えない修理地獄絵と進まなければなりません。本来ならご臨終な所ですが、オーナーのどうしても直したいと言う心意気に、んじゃあ頑張ってみます..
DSCN3188.jpg
何しか下ろして、分解、点検をしなければ先に進めません。事前にあらゆる可能性を考えて、リビルト屋さんにも何十件と問い合わせてみましたが、受けてくれるところは殆ど有りません。ほぼ門前払いです。まあ、メーカーからのパーツが何一つ期待出来ないのですから、当然と言えば当然ですね。こういったときはやって見るしか有りません。同時進行で解体車や中古車なんかも捜します。有れば一台丸ごと買った方が安上がりかも知れません。また、寝られない日が続きます。
日常のお仕事  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

シートレール&ステー製作 

DSCN3183.jpg
サニトラに、レカロのシートを取り付ける作業。既製品のシートレールを買えば良いんだろうけど、貧乏性なのと市販品では満足出来ない性分なので製作することにしました。
DSCN3184.jpg
ベースを取り付けて、車両側に合わせてフラットバーを加工します。
DSCN3185.jpg
組み立てるとこんな感じに..サニトラの室内空間は狭いので、最大限生かせるように位置合わせします。
日常のお仕事  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

気分転換 

DSCN3137.jpg
長いことほったらかしだったFCRキャブ。交換部品は当に買ってあったのに手を付けていられませんでした。休みの日に、気分転換がてらOHしときます。
店主の趣味  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

雪だ雪だ 

今シーズンは寒波だなんて、当てになりません。年越しでやっとまともな雪が降った感じ。やっと出動出来そうです。何回ぐらい行けるかナー
DSCN3136.jpg
今年はブーストアップで臨みます。
店主の趣味  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

始まり、始まり 

DSCN3117.jpg
新年早々、ロングなお仕事。510のレストア依頼です。んー凄いことになってますなー
DSCN3116.jpg
さて、何から始めましょうか..
DSCN3120.jpg
こっちはドナーの予定..でも、はぎ取るだけじゃもったいないよなー
 じっくり考えないと...

お化けの中身みーちゃった 

DSCN3125.jpg
前から気になっていたスーパーチャージャーのマウント。この機会に作り直そうと思い、外しました。
DSCN3126.jpg
そして、気になっていたその中身。今、初公開。これの中身がどうなっているのかを知っている人は日本にはそういないはず..
DSCN3127.jpg
こんななってました。何用かは知りませんが、セルモーターが付いています。アレはセルモーターの音だったんですねーー

新年明けましておめでとう御座います 

DSCN3097.jpg
皆さん、新年明けましておめでとう御座います。
無事、年越し出来ました。仕事始めの前にお餅つきやりました。
DSCN3094.jpg
これがまた、楽しいのなんのって...
DSCN3100.jpg
知り合いやご近所さん呼んで、みんなでお餅をつきます。
DSCN3107.jpg
イスラエルからのお客様も参加。今年も皆様にとって有意義な年で有りますようにーーー
オフの過ごし方  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top