FC2ブログ
07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

京都のレストア旧車、中古車パーツ販売のチューニングカーショップ『斎藤商会』

   

京都市内にて旧車を中心にレストアやチューニングをメインにしているファクトリーです。
国産、外車を問わず幅広い車種のメンテナンスや修理が出来ます。絶販パーツの製作や再生、改造(改良)などが得意中の得意!

アルフィンドラム装着 

004 (2)
箱スカのリヤドラムをフェアレディZの純正で付いている、アルミ製の格好いいドラムに変える作業です。昔はよくこんな事してましたね。今じゃ結構な値段で取引されてるみたいで、レアアイテム化している様です。形状的にはほとんど一緒なのですが、バックプレートの深さが若干違うので、サンダーで削って付けたものです。
005 (2)
いかにも冷却効果が期待できそうな形状ですね。材質も表面はアルミで出来ているので軽量です。
007 (2)
昔なら、バックプレート側を削って無理やり付けたのですが、相当大人になったので、スマートにドラム側の当たる所を旋盤で引いて加工します。
008 (2)
付けるとこんな感じ。解る人にはわかる、鉄板アイテムです。
スポンサーサイト



日常のお仕事  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

お盆休みも終わり 

DSCN4343.jpg
8月16日。お盆休みも終わり、大文字の送り火とともに、また、忙しい日常に戻ります。お盆もお正月も何かと用事が有って、ゆっくり出来た試しが有りません。
オフの過ごし方  /  tb: 0  /  cm: 1  /  △top

続き 

DSCN4331.jpg
ミッションメンバーを制作して取り付け、完成となります。
DSCN4330.jpg
この方法が見た目、今後の作業性、などを考えるとベターかなと思います。
参考までにほかの方法で取り付けられた例を載せます.....
DSCN3409.jpg
これは、もとから有るメンバーブラケットを利用して、ミッションメンバーだけを加工した事例。
メンバーがかなりオフセットするので複雑な形状で制作しなければなりません。
DSCN3410.jpg
バックランプスイッチは付けられないので、取り外してあります。車検時などには困りますよね。。
どれが正解かは解りませんが、製作者と車の所有者の見解で決まるのでしょうね
サニトラ5速化  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

サニトラに5速ミッションを組む 

038.jpg
国内のサニトラは4速ミッション仕様しか無く、エンジンをチューニングしていくと、吹けきってしまいます。ファイナルが4.1とトラックなので、高速巡行は考えられてはいません。そこで、ファイナルを変更したり、オーバードライブ付きの5速ミッションに乗せ換えたりします。
043.jpg
選択肢は数種類ありますが、どれもレアアイテムとなっており、ボルトオンでの装着は難しくなってきています。
042.jpg
今回は310サニーの純正ミッションを選択しました。ベルハウジングは同形状、長さも同じなので、大きな加工は必要ありません。
001.jpg
車体側のミッションメンバー取り付け位置にバックランプスイッチが干渉するので、バックランプスイッチを取るか、車体側を加工することになります。
002.jpg
バックランプスイッチを取る訳にはいかないので、車体側を加工することにします。
003.jpg
もう一度ミッションを下ろして、車体側に付いた、ブラケットを取り外します。
009.jpg
取り外した後をきれいに処理してミッションを仮付けしてみます。
バックランプスイッチのあたりは少し叩いて、クリアランスを作っておきます。
サニトラ5速化  /  tb: 0  /  cm: 1  /  △top

リレーロッドの修理 

004.jpg
ハイエースのリレーロッドのボールジョイントがいかれたので、修理の依頼です。
006.jpg
まずは中身を取り出します。この手のボールジョイントは機械で切削できないので手作業です。大変気を遣います。
023.jpg
中身の状態を確認しますと、どれも同じですね。ボールのカラーにあたるプラスティックの部品が損傷してなくなっています。
旧型のトヨタの純正は大体同形状です。
024.jpg
硬質ウレタンの素材からこのようなものを制作します。内側がボールの形状をしていますので、切削が大変です。
025.jpg
カラーを圧入後、ボールを押し込みます。
026.jpg
蓋を圧入後、溶接します。
030.jpg
最後に塗装して完成です。

クーラーホース製作 

035.jpg
40年位前のメルセデスのクーラーホースだそうです。高圧ホースに亀裂が入ってガス漏れを起こしているので、交換しなければなりなせん。純正や外品のホースはすでに絶版になっており、製作することになります。ホースは汎用の高圧ホースで代用することができますので、ジョイントの制作とホースとのカシメが課題となります。
036.jpg
カシメは専用の油圧圧着機械で行うことになるのですが、高価な機械なので、その辺の工場には置いていません。今回は設備屋さんのお世話になりました。
037.jpg
出来上がったのがこれ。完璧な部品です。高圧ホースが意外に高かったので、予想以上の金額となりましたが、純正部品で買うよりは安上がりだったかも知れません。スムーズに行った例です。
絶版部品製作  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top