FC2ブログ
07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

京都のレストア旧車、中古車パーツ販売のチューニングカーショップ『斎藤商会』

   

京都市内にて旧車を中心にレストアやチューニングをメインにしているファクトリーです。
国産、外車を問わず幅広い車種のメンテナンスや修理が出来ます。絶販パーツの製作や再生、改造(改良)などが得意中の得意!

サニトラに5速ミッションを組む 

038.jpg
国内のサニトラは4速ミッション仕様しか無く、エンジンをチューニングしていくと、吹けきってしまいます。ファイナルが4.1とトラックなので、高速巡行は考えられてはいません。そこで、ファイナルを変更したり、オーバードライブ付きの5速ミッションに乗せ換えたりします。
043.jpg
選択肢は数種類ありますが、どれもレアアイテムとなっており、ボルトオンでの装着は難しくなってきています。
042.jpg
今回は310サニーの純正ミッションを選択しました。ベルハウジングは同形状、長さも同じなので、大きな加工は必要ありません。
001.jpg
車体側のミッションメンバー取り付け位置にバックランプスイッチが干渉するので、バックランプスイッチを取るか、車体側を加工することになります。
002.jpg
バックランプスイッチを取る訳にはいかないので、車体側を加工することにします。
003.jpg
もう一度ミッションを下ろして、車体側に付いた、ブラケットを取り外します。
009.jpg
取り外した後をきれいに処理してミッションを仮付けしてみます。
バックランプスイッチのあたりは少し叩いて、クリアランスを作っておきます。
スポンサーサイト



サニトラ5速化  /  tb: 0  /  cm: 1  /  △top

リレーロッドの修理 

004.jpg
ハイエースのリレーロッドのボールジョイントがいかれたので、修理の依頼です。
006.jpg
まずは中身を取り出します。この手のボールジョイントは機械で切削できないので手作業です。大変気を遣います。
023.jpg
中身の状態を確認しますと、どれも同じですね。ボールのカラーにあたるプラスティックの部品が損傷してなくなっています。
旧型のトヨタの純正は大体同形状です。
024.jpg
硬質ウレタンの素材からこのようなものを制作します。内側がボールの形状をしていますので、切削が大変です。
025.jpg
カラーを圧入後、ボールを押し込みます。
026.jpg
蓋を圧入後、溶接します。
030.jpg
最後に塗装して完成です。