FC2ブログ
05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

京都のレストア旧車、中古車パーツ販売のチューニングカーショップ『斎藤商会』

   

京都市内にて旧車を中心にレストアやチューニングをメインにしているファクトリーです。
国産、外車を問わず幅広い車種のメンテナンスや修理が出来ます。絶販パーツの製作や再生、改造(改良)などが得意中の得意!

セリカにクーラーを付けましょうね 

DSCN5669.jpg
旧車と言えども、夏は涼しく乗りたいモノです。この頃は安価なキットが入手できるようになったので、だんだん身近になりつつ有ります。さあ、夢のエアコン、取り付けましょうー
DSCN5671.jpg
これが今回取り付けるキット。15万円です。
DSCN5670.jpg
まずはこのスペースにコンプレッサーを取り付けることを考えます。キットと言えども、汎用品なので、取り付けは一台一台工夫しながらマウント方法やレイアウトを決めていきます。この車はクーラーベルトを掛けるWプーリーが付いていましたので、ここは省けます。プーリーを作るとなると、5万円位はかかります。
DSCN5672.jpg
コンプレッサーのマウントブラケットを作ります。
DSCN5677.jpg
コンプレッサーは無事マウント出来ました。もう、半分終わったようなものです。
DSCN5684.jpg
次はコンデンサーと電動ファンと付けます。見える所なので、マウント方法もカッコよく作ります。ステーは、アルミとスチールを使い分けますが、あくまでも見栄えにこだわります。
DSCN5686.jpg
レシーバーはエキゾーストから離れた所に工夫して取り付けます。
DSCN5687.jpg
室内機はこんな具合に...ここにはオーディオがいたので、グローブボックスにお引越ししました。
DSCN5685.jpg
最後にガスチャージして、作動を確かめ、ガス漏れのチェックをしたら完成です。アイドルアップの機能は付いていませんので、エンジンの調整をした後、アイドリングを少し高めに設定して、対応します。勿論アイドルアップ機能を付ける事も可能ですが、コスト削減を考えると、簡単には踏み切れません。
 さあ、これで夏も快適だよー
スポンサーサイト
エアコン関係  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

NSXのミッションOH 

DSCN5343.jpg
NSXのミッションOHです。ミッション降ろすだけでも、かなりめんどくさい作業です。
DSCN5344.jpg
クラッチは純正でツインプレート。さすがスーパーカー
DSCN5444.jpg
ミッションを降ろしたら、外観を完全洗浄して、分解の作業に入ります。
DSCN5463.jpg
中身の構造は普通のFFタイプのミッションと一緒ですが...
DSCN5467.jpg
シンクロはすべてダブルコーンシンクロを使っています。すごーい。おまけにバックギヤまでシンクロ入り..
DSCN5527.jpg
慎重にギヤを分解して行きます。
DSCN5531.jpg
今回はシンクロやベアリングの他に、ファイナルレシオの変更と、LSDの組み込みもメニューに入っています。
DSCN5529.jpg
ホンダのミッションの方がトヨタより楽だなー
DSCN5532.jpg
すべてのシンクロやベアリング関係を交換して、カウンターシャフトとリングギアを交換し、LSDを組み込んだら、組み立てに入ります。
DSCN5533.jpg
メカを触ってるって感じですねーもうすぐ組終わります。
この後搭載になるのですが、ほとんど力仕事なので気が重いです...
日常のお仕事  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

噴射ポンプの燃料漏れは賭けだね 

DSCN5657.jpg
これは、日産の噴射ポンプ。燃料漏れで入庫。この手のポンプは半分がアッパーカバー付近からの燃料漏れなのですが、実際には何処から漏れているのかを確かめることは不可能です。基本的には非分解なので、アッセンブリー交換が常ですが、非常に高価なので、何とかしたい所です。腰下は分解すると調整に特殊な機械がいるので、専門に行っているリビルト屋さんしか組み立てる事が出来ないのです。綺麗に洗浄後、エンジンを掛けて見て、何処から漏れているのかを確認するのですが、まあ、ほとんどよくわからないですね。燃料は透明な上、さらさらなので、あちこちから噴き出しているように見えます。
 こういう時はとりあえず、アッパーチャンバー付近の部品だけ注文して、(普通は出て来ません)一度交換してみます。....
DSCN5658.jpg
結構面倒な作業なのですが、あっせんで交換するコストを考えると試してみる価値は有ります。
 さて、結果はどうかと言いますと、今回は負けました。エンジン始動後、10分程たった後、ポタッと来ました。この場合は、潔くリビルト品などに交換しなければなりません。ここで粘ってもいい結果になった事が無いので、今回は交換にします。
日常のお仕事  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

MAXでMAX 

DSCN5643.jpg
カンダリーニ、ジョニーザボーイ、ウェズ、ジェシー、ナイトライダー、みんな元気だったよーさあ、週末はマッドマックス祭りだよーーーwww