FC2ブログ
07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

京都のレストア旧車、中古車パーツ販売のチューニングカーショップ『斎藤商会』

   

京都市内にて旧車を中心にレストアやチューニングをメインにしているファクトリーです。
国産、外車を問わず幅広い車種のメンテナンスや修理が出来ます。絶販パーツの製作や再生、改造(改良)などが得意中の得意!

ステアリング リメイク 

DSCN5886.jpg
純正の革巻きステアリングも、経年変化にはかないません。社外品に変えてしまえばすっきりするのですが、あくまでも純正にこだわる方で有れば、再生となります。よくしたものでこの頃はこのように禿げ禿げになってしまった物でも、有る程度まで修復する事が出来るようになりました。
DSCN5885.jpg
さあ、どう変わるのか...
DSCN5887.jpg
アフターはこれ。まるで新品のように生まれ変わりました。これは、特殊な塗料で塗装仕上げして有ります。革のしぼも有る程度復元してあるので、ぱっと見は全然新品同様です。革特有のねとねとも無くなりますので、握った感触もいい感じです。これで、16000円。いかがでしょうww
スポンサーサイト



三菱は厄介 

DSCN5858.jpg
パジェロのボールジョイント修理の依頼。三菱のボールジョイントのかしめ方は表側の物が結構あります。製造段階ではどちらからかしめようが一緒なのでしょうが、分解するとなるとこれはとても厄介です。もともと分解する物では無いので文句を言っても仕方有りませんが、よもやこんな事が起こるとは、メーカーさんも考えていなかったでしょうね。部品が有ったとしても、とても買える値段では有りませんでした。修理開始。
DSCN5859.jpg
出来ました。涙、涙の2週間でした。これはもう、あまりやりたくありません。普段やっているボールジョイント修理の比では有りません。おまけに、耐久性に自信が持てません。それでも何とか修理は出来ました。
DSCN5878.jpg
恐らく大丈夫でしょう。これが競技車両ならお勧めできません...

130Zのメーター修理 

DSCN5861.jpg
この頃多い、メーターの修理。これもスピードメーターの積算計が動きません。メータードリブンギアのすり減りによる物と思われますが、こういった修理は比較的簡単です。
メーターの修理  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

ハイラックスのトラックにクーラー 

DSCN5805.jpg
 今年は猛暑の影響でしょうか、クーラーの取り付けがやたら多いです。汎用のクーラーキットも在庫が無くなってしまいました。
さて、これはハイラックスのトラックです。エアコンを取り付けるためにまず、クランクプーリーをダブルのタイプに変えます。この車種はまだ、メーカーから部品が出ました。
DSCN5806.jpg
次に、コンプレッサーを取り付けるためのブラケットと、ベルトのテンション調整用のステーを作ります。簡単そうですが、実測で作って行きますので、微調整が大変です。ばっちり決まったら、溶接して塗装すれば完成です。
DSCN5807.jpg
コンプレッサーを取り付けるとこんな感じになります。
DSCN5808.jpg
次はコンデンサーと電動ファンの取り付けです。何もない所に付けるのですから、スペースの確保と、レイアウトが悩ましい所です。
DSCN5813.jpg
室内側はこのようになります。ギリギリのスペースでしたので、干渉するものは取り外して他に移動するか削り取る作業になります。何度やってもなかなか慣れる作業では有りません。後はレシーバーを付け、配管と配線をしたら完成です。
クーラー付け  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

ジムニーアップグレード 

DSCN5832.jpg
こないだ、ロックにアタックしたら、あまりの不甲斐なさに足回りをアップグレードする事にしました。
DSCN5833.jpg
2.5インチリフトアップして、それに伴い、ロングショックアブソーバー、強化ブッシュ、延長ブレーキホース、スキッドガードなどを組み込みます。
DSCN5835.jpg
組み替えるだけなので、作業は簡単です。
DSCN5837.jpg
これで、中折れシャックルも生きて来ます。
DSCN5838.jpg
この次はこの車高に合わせてタイヤとホイールを新調します。
ジムニー遊び  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

レシーバーの中身 

DSCN5800.jpg
エアコンのシステムに有る、レシーバーとは、システム内の湿気を取るためのいわばフィルターです。中には活性炭が入っていて、水分を取り除いてくれます。しかし、フィルターで有る以上、いつまでも使うことは出来ません。定期的に交換が必要なパーツです。これも古い車に付いている物は生産廃止となっていて、入手することが困難なパーツの一つです。そこで、何とか再生させる手立ては無いものかと、分解してみました。
DSCN5801.jpg
中身の活性炭だけを入れ替える事が出来れば再生出来るのではと考えたわけです。
取り合えず切ってみます。
DSCN5802.jpg
活性炭を納める網みたいなのが有りますが、完全に詰まっています。これでは機能しませんねーー
DSCN5803.jpg
中は3つの部屋に分かれていて、それぞれの部屋毎に活性炭が詰められています。すべて湿気を吸って、限界を超えて居る上、網の目が詰まっています。綺麗にクリーニングした後、活性炭と網を変えれば再生は可能そうです。でも製品を買う3倍位のコストはかかりそうですね。
エアコン関係  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top