FC2ブログ
10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

京都のレストア旧車、中古車パーツ販売のチューニングカーショップ『斎藤商会』

   

京都市内にて旧車を中心にレストアやチューニングをメインにしているファクトリーです。
国産、外車を問わず幅広い車種のメンテナンスや修理が出来ます。絶販パーツの製作や再生、改造(改良)などが得意中の得意!

クランク 

DSCN0196.jpg
何か久しぶりにクランクシャフト触った気がします。この頃はエンジンを開けて触る様な仕事が減りましたねー。さて、このクランクシャフト、ホンダのB18Cの物ですが、エンジンのパワーの源はここからやって来ます。燃焼室で受けた爆発圧力を縦の運動から回転運動に変換するのがこのクランクシャフトと言う部品です。この部品はとても強い力を受け止めますので、繊細な処理が必要です。OH時には最も丁寧な作業が要求される部分です。各ジャーナルの摩耗状態を計測して、規準値に収まっているのを確認後、このようにダイヤルゲージを使って曲がりをチェックします。曲がりが規準値を超えるようなら修正をします。曲がりだけではなく、歪みが発生していたり、大きく曲がっているようなら交換となります。曲がりを修正したなら、バランスを取ります。せめてクランクの単体バランスはとっておきたいものです。チューンドエンジンではショットやタフトライド加工などの表面加工も有効です。其の後、ジャーナル部をラッピングして鏡面加工し、オイル穴を形成して仕上げます。まだまだ、いろいろな処理方法がありますが、それだけ重要な部品と言う事なのです。じっくり時間と手間をかけたエンジンでなければ期待に答えてくれません。
スポンサーサイト



日常のお仕事  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top