FC2ブログ
02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

京都のレストア旧車、中古車パーツ販売のチューニングカーショップ『斎藤商会』

   

京都市内にて旧車を中心にレストアやチューニングをメインにしているファクトリーです。
国産、外車を問わず幅広い車種のメンテナンスや修理が出来ます。絶販パーツの製作や再生、改造(改良)などが得意中の得意!

2TGエンジン スタンダードOH 

DSCN2261_20170328205458aae.jpg
大分前にブローしたTE27に入っていたエンジンの載せ替えの為、新しく入手したエンジンをOHします。今回は要らん事は一切なしのスタンダードオーバーホールです。
DSCN2262_201703282054599db.jpg
腰下は新しいメタルとクランクのラッピング、スタンダードのピストンリング交換と、ホーニング位です。バランスや重量合わせもそこそこしか行いません。
DSCN2263.jpg
クリアランスだけはシビアに合わせます。
DSCN2264_2017032820550182e.jpg
クランク周りはさすがに重要なので、しっかりと合わせます。
DSCN2265_20170328205503a17.jpg
ピストンもそのまま、スタンダードサイズで、フローティング加工も行いません。リングを替えるのみです。
DSCN2266_201703282055047e1.jpg
クランクシャフト組めました。
DSCN2268.jpg
キャブはOHしますね。
DSCN2269.jpg
ヘッドはバルブのシートカットと、摺り合わせ、バルブシールの交換位かなー
DSCN2270.jpg
簡単なエンジンです...
DSCN2271.jpg
ヘッドが乗りました..
DSCN2272_20170328210414ba9.jpg
スタンダードのエンジンなのでマニュアル通りで組みます。バルタイなどもシビアには取りません。
DSCN2279.jpg
リビルトエンジンを作っている感覚ですねーこんな仕事なら簡単でいいのですが、こういう簡単なお仕事はなかなか回って来ません...
DSCN2277.jpg
2TGエンジンも重要なパーツが入手しづらくなって来ました。中古のエンジン本体の価格もどんどん上がって来ているし、やりずらくなってきましたねー
スポンサーサイト



日常のお仕事  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

レンジローバー ボディ終盤 

DSCN2551.jpg
レンジローバー クラッシック。やっと、フロントのインナーが組める所まで来ました。
DSCN2552.jpg
段々、車らしくなって来ますねー
DSCN2553.jpg
後は左右のフェンダーを借り合わせして、位置やチリが決まったら、いよいよ塗装に入ります。
レストア日記  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

ガソリンタンクの加工 

DSCN2492.jpg
ガソリンタンク加工のお仕事。ベースのタンクをカットして、カスタムパーツが入るようにします。
DSCN2493.jpg
まず、不要な部分を切り取ります。タンクにはガソリンが残っていると加工中に引火する危険が有るので、前処理が大事です。
ガソリンを完全に抜いてから1週間位おいて中のガソリンが完全に無くなったのち、十分にエアブローして換気してからの作業になります。
DSCN2494.jpg
底の部分が凹んでいたので、手が入るようになった今のうちに板金しておきます。
DSCN2495.jpg
中は綺麗なタンクです。
DSCN2496.jpg
カットした所に鉄板を当てます。
DSCN2497.jpg
型取りをして、成形したのち...
DSCN2498.jpg
完璧に合いました。
DSCN2499.jpg
シールド溶接します。
DSCN2507.jpg
更にピンホールを埋めるため、ハンダでコーティングします。
DSCN2545.jpg
最後に塗装して出来上がりです。
日常のお仕事  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

VG20 ヘッドOH 

DSCN2389.jpg
VG20のヘッドOHのお仕事。25万km以上走ったエンジンはガスケットが経年変化で抜けてしまいました。
DSCN2391.jpg
NAとはいえ、V型は何かと面倒です。日産のハーネスは熱でやられて、カプラーがどれもパキパキです。
DSCN2398.jpg
半日格闘の末、ご開帳です。
DSCN2392.jpg
燃焼状態はまずまず
DSCN2393.jpg
カーボンの付き方も多走行の割には少ないです。オイル交換をまめにやっていたので、エンジンの中も綺麗なもんです。
DSCN2400_20170316200540c0a.jpg
せっかく外したので綺麗にしときましょうねー
DSCN2402.jpg
バルブシールを替えるためヘッドをばらします。
DSCN2401.jpg
良く出来たエンジンです。
DSCN2403.jpg
シートの当たりもそれほど大きくなってはいません。軽くすり合わせを施せばばっちり使えそうです。
DSCN2399_20170316200538bd2.jpg
周りのパーツも洗浄しておきます。
DSCN2407.jpg
タペットカバーは塗装しましょうね
DSCN2405.jpg
マニーホールドも結晶塗装で..
DSCN2411.jpg
仕上がったヘッドを搭載..
DSCN2412.jpg
これだまた当分快適に乗ってもらえます。
DSCN2413.jpg
組み立ては簡単です。
日常のお仕事  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

ウェットブラスト大活躍 

DSCN2512.jpg
こんなに汚れてしまったタペットカバーも、まずは洗剤で洗って...
DSCN2513.jpg
これで油汚れは落ちました。
DSCN2514.jpg
これを...
DSCN2515.jpg
ブシャーって、洗うと..
DSCN2516.jpg
新品以上です。
DSCN2518.jpg
たまらんです...

日産のデフは重たい 

DSCN2476.jpg
ハコスカのオープンデフ、OH。
DSCN2475.jpg
構造は簡単なんだけど、重たいのなんの..それでもR180だから軽い方なんだけど、固定して仕事が出来るハンガーをそろそろ作らなきゃ..
DSCN2453.jpg
この辺もファイナルギアのセットなどはもう製廃です。相当量捨てて来ましたが、今頃になって必要になって来るとは思いもよらなかったです。
日常のお仕事  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

レンジローバー メタルワーク終了 

DSCN2459.jpg
レンジローバーのメタルワークも終了し、外装塗装に向けての下仕上げも終盤。フェンダーの内部や、室内の一部を先駆けて塗装しておきます。
DSCN2472.jpg
インナーパネルなので、仕上げてしまうと外からは全く見えませんが、一応外装色で仕上げます。
DSCN2473.jpg
不思議な物で、色を塗ってしまうと、あの醜かった部分が何もなかったかの様になります。
DSCN2474.jpg
すっかり元通りになりました。
レストア日記  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top