FC2ブログ
04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

京都のレストア旧車、中古車パーツ販売のチューニングカーショップ『斎藤商会』

   

京都市内にて旧車を中心にレストアやチューニングをメインにしているファクトリーです。
国産、外車を問わず幅広い車種のメンテナンスや修理が出来ます。絶販パーツの製作や再生、改造(改良)などが得意中の得意!

SS50 レストア 

DSCN2608.jpg
ホンダSS50のレストア依頼。往年のホンダ横置きエンジンの最高傑作のバイクです。昔は5速ミッションやハイカム欲しさに相当解体してきたものですが、今となってはこのバイクそのものに希少性が有ります。
DSCN2609_20170529193043f0f.jpg
全体的にはしっかりした固体ですが、50年の時を経て来ているので、くたびれは隠せません。
DSCN2617.jpg
欠品や不良個所の洗い出しが終わったら、早速解体します。
DSCN2611.jpg
少しは予備パーツも有るようです。
DSCN2612.jpg
タンクはオートバイの顔ですが、凹んだ所がパテで形成されているので板金からやり直しです。
DSCN2613.jpg
右サイドはまあまあ綺麗です。
DSCN2651.jpg
パテをもった後が痛んで来ています。
DSCN2652.jpg
このクラックの下は...
DSCN2653.jpg
錆びの上にパテを盛って有ります。これではくっつく訳が有りません。板金からやり直しです。
DSCN2655.jpg
古いパテをすべて剥がし、
DSCN2656.jpg
機械を使って凹んだ所を引き出します。
DSCN2657.jpg
成形出来たら下地へと移ります。続く...
スポンサーサイト



レストア日記  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

2台のファルコン 

DSCN2890.jpg
ファルコン2台並びました。両方とも超難関な問題を抱えています。日本でこの車を完璧な状態で維持して行くのはかなり大変です。
どうしても時間は掛かってしまいますが、何とかします...

ハイラックス トラックにクーラー付け 

ハイラックスのトラックにクーラーを付けるお仕事。DSCN2726_20170507110304361.jpg
まずはスペースの確保から...
DSCN2727_20170507110410c31.jpg
コンデンサーをグリル内に入れるために場所を確保します。この車は面積的にはOKなのですが、奥行きが足りず、ラジエーターをオフセットさせてコンデンサーと電動ファンの入る場所を作ります。
DSCN2803_20170507110411d4e.jpg
これが今回のビッグジョブ。プーリーの制作です。元のクランクプーリーはファンベルトしか掛からないシングルプーリーなので、クーラーベルトが掛かるように、2段以上のプーリーが必要です。R系のエンジンのツインプーリーを探してみましたが、結局どれも合わず、最終手段として製作となりました。コストは掛かりますがこれが無ければ話になりません。
設計には元のプーリーから寸法を割り出し、変速比や、突き出し量など綿密に計算する必要が有ります。大変な仕事です。
DSCN2808.jpg
今回プーリーはスチールで作りました。仕上がった物に色を塗ってフィニッシュです。
DSCN2830.jpg
次にコンデンサーと電動ファンを付けます。ステーなどはすべて製作します。
DSCN2831_20170507110417a1b.jpg
ラジエーターをこれだけオフセットしないとコンデンサーが入ってくれません。しかし、ファンとかホースの加減もあって、ギリギリのセットになります。
DSCN2832_2017050711041988b.jpg
続いて、コンプレッサーの取り付け場所の確保です。このスペースを作る為に元あった機械式のフューエルポンプを電気式に換えて、ポンプの有った所にはめくらをして場所を確保します。
DSCN2833_2017050711042002a.jpg
続いて、コンプレッサーブラケットを作ります。3次元の空間に位置出しをするのですから大変です。仮に位置を決めるためのブラケットを作った後、正確に位置出しを行い、完成品を作ります。
DSCN2834_20170507110422976.jpg
ここにコンプレッサーが付く訳です。
DSCN2835.jpg
コンプレッサーを装着してベルトを張る為の機能を付け、ベルトが正確な位置に出たのを確認後、次の作業に入ります。
DSCN2836.jpg
ばっちりでしょー
DSCN2837.jpg
配管に移ります。スペース的にはゆとりが有るので、配管は楽です。
DSCN2838.jpg
レシーバーの付けたい所にキャニスターが有ったので移設し、スムーズに取りまわせました。
DSCN2841_20170507112819a2d.jpg
室内機を取り付け、作業も終盤です。
DSCN2839.jpg
最後に配線をし、ガスチャージを行えば作業は終了です。
DSCN2844_20170507112820d53.jpg
違和感無く取り付ける事が出来ました。
クーラー付け  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

ホンダやったかな 

DSCN2384.jpg
何のか忘れてしまいました。トレーディングアームとアッパーアームのボールジョイント修理の依頼です。
DSCN2385.jpg
今回の物は痛みが激しく、ケースの変形、ボールの腐食が限界を超えています。
DSCN2386.jpg
ボールもこの様になってしまうと、さすがに研磨で再生させる事は出来ません。新規制作となります。
DSCN2387.jpg
ケースの方は研磨作業で何とか使えるようになりましたが、ボールの方は作ります。
DSCN2429.jpg
外注で作ってもらいました。本来ならNCNで製作するのですが、プログラムにお金が掛かるので、達人の職人さんに無理を言って汎用機で作成してもらいました。ボールの部分とテーパーの部分を作るのは至難の業です。これ1つ作るのに何時間掛かるのでしょうか?大変な作業です。
DSCN2430.jpg
ブッシュ作りは僕の仕事です。クリアランスの調整が難しいのですよー