FC2ブログ
10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

京都のレストア旧車、中古車パーツ販売のチューニングカーショップ『斎藤商会』

   

京都市内にて旧車を中心にレストアやチューニングをメインにしているファクトリーです。
国産、外車を問わず幅広い車種のメンテナンスや修理が出来ます。絶販パーツの製作や再生、改造(改良)などが得意中の得意!

折れたボルトを抜く作業 

DSCN3877_2017113020550386f.jpg
L型エンジンのヘッドボルトが折れこんでしまったのを直す作業。まアこの辺の古いエンジンには有りがちな事です。
DSCN3878.jpg
そもそも、錆びついて、折れこんだボルトなので、そう簡単には出て来てくれません。おまけにこのボルトは焼の入った硬質のボルトなので、通常のドリルの刃は立ってくれません。バーナーで焼いて、たがねで叩いてみましたが、びくともしません。困りましたねー...
DSCN3883.jpg
いろいろ試してみましたが、今回のボルトはなかなか言う事を聞いてくれません。   で、こんな事を...
いらないヘッドボルトを切って、加工したのち、折れこんだボルトに溶接します。これは折れたボルトが1.5mm程外に出ていたので、出来る業です。ヘッド面より下でおれていると、この技は使えません。
DSCN3884.jpg
この時の注意点はアルゴン溶接をする事です。ガス溶接や、ミグ溶接では強度を保てない上に熱のかかりが悪いので、うまくいかない事が多いです。
しっかり溶接したら、少しずつ力を加えて、無理のないように緩める、占めるを繰り返します。うまく動き出したら、しめたものです。
DSCN3885.jpg
悪戦苦闘の末、何とか出て来ましたよ---
DSCN3886.jpg
達成感が半端ないですww
DSCN3887.jpg
最後にタップを当てて、ねじ山を清めたら完成です。
スポンサーサイト
日常のお仕事  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

TE27 リヤフェンダー板金 

DSCN3792.jpg
リヤフェンダー周りにもピンホールの様な塗装浮きがあったので、念のため塗装をめくってみると、案の定下から腐りが出て来ました。この感じだとドアやリヤパネルもおんなじようになっているような気がします。がっかりですが、見逃がすわけにはいかないので、しぶしぶ剥離します。まア大体こんなもんです...

まだまだ続く、ボールジョイントの修理。 

DSCN3731_20171109164512166.jpg
古いトヨタのバンのパーツです。このころのトヨタの純正ボールジョイントは大体同じ構造ですが、擦り切れて摩耗する経過も同じです。
 今回はピットマンアーム、リレーロッド、ドラッグリンクの修理です。
DSCN3733.jpg
この、ドラッグリンクやリレーロッドは分解するのがとても面倒です。DSCN3750.jpg
最終工程が終わった所。クリアランスを機械加工で決められないので、いまだに一回で終わった試しが有りません。
DSCN3751.jpg
これでまた向こう何年かは使ってもらえるはずです。外からのメンテナンスはほとんど出来ないので、永久に使えるパーツでは有りませんが、ブーツの破れなどで寿命が短くなりますので、時々は点検するのがいいでしょうね。