FC2ブログ
08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

京都のレストア旧車、中古車パーツ販売のチューニングカーショップ『斎藤商会』

   

京都市内にて旧車を中心にレストアやチューニングをメインにしているファクトリーです。
国産、外車を問わず幅広い車種のメンテナンスや修理が出来ます。絶販パーツの製作や再生、改造(改良)などが得意中の得意!

GTOに電動パワステ 

DSCN4733.jpg
GTOに電動パワステを付ける仕事。
DSCN4769.jpg
この車種はやった事が無いので、一からです。電動パワステを装着するにはまず、スペースの確保です。パワステユニットを納めるために必要なスペースを作ることから始まります。
DSCN4770.jpg
続いてGTOのステアリングコラムシャフトをカットし、電動パワステのユニットが入る様に加工します。
DSCN4776.jpg
前半分が出来た所です。ベアリングが入るので、シャフトの溶接時に歪むとセンターがずれて芯が出ません。こうなるとシャフトがスムーズに回りませんので、冶具を作ってセンターの振れが0.05mm以内になる様に取り付けます。大変難しい仕事です。
DSCN4778.jpg
後ろ半分の制作。とても大変です。
DSCN4779.jpg
加工が終わったら、取り付けます。取り付けステーは車に合わせて製作します。
DSCN4780.jpg
かなりコンパクトな作りですが、それでも相当なものを異動させたりしています。
DSCN4782_201809021922206c6.jpg
ここまで出来たら、元通りに組み付けるだけ。干渉するコラムカバーをカットしたり、配線をすればゴールは目の前です。
DSCN4794.jpg
最後にステアリングを取り付け、アライメントを取れば完成です。
スポンサーサイト



電動パワステ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top