FC2ブログ
01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

京都のレストア旧車、中古車パーツ販売のチューニングカーショップ『斎藤商会』

   

京都市内にて旧車を中心にレストアやチューニングをメインにしているファクトリーです。
国産、外車を問わず幅広い車種のメンテナンスや修理が出来ます。絶販パーツの製作や再生、改造(改良)などが得意中の得意!

コルベット C1 

a_2019022719080291d.jpg
ザ、アメリカンな車が入って来ましたよ。C1コルベットです。一応レストア車ですが、気に入らない所がいっぱいあります。
早速チェックしましようね。
b_20190227190803c38.jpg
この車の部品は比較的入手しやすいのですが、とてつもなく高価です。さすが高級車ですわ..
c_2019022719080564b.jpg
内容はまた後日にしますが、とりあえずこのカッコよさを見て下さいww
スポンサーサイト
日常のお仕事  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

腐りとの戦い 

DSCN5378.jpg
去年からやっている腐り修理。もう、どうにもキリが有りません。何処を切っても腐りが出て来ます。
DSCN5379_201902212054385a1.jpg
さすがに3か月もこれを続けていると、心が折れて来ます。
DSCN5380.jpg
でも、終わらない仕事は無いはずです。
DSCN5381.jpg
いつかは終わると自分に言い聞かせて、無心で仕事を続けます。
DSCN5382.jpg
今回の仕事の救いは、外板パネルはほとんど無い所です。底面と内部、骨格に集中している所です。強度を保てれば、仕上げに美しさはあまり求めなくてもいい所だけが救いです。
DSCN5383.jpg
溶接跡をすっかり仕上げなくても、コーティングを施すので、かなり気が楽です。
DSCN5384.jpg
今回修理した所は100か所を超えています。
DSCN5385.jpg
一か所あたりに数時間を使いますので、とてつもない時間を消費しています。早起きして時間を作り、休みも全部返上しました。
頑張るしかありません。

S30Z ミッションブロー 

DSCN5317.jpg
点検その他で入庫のS30Zなのですが、店の前でギヤがローから抜けなくなりました。時々こんな事が起きるのですが、大抵はシフターが変な所で噛みついて、二つのギヤが同時に入ったりすることから起きる現象です。所が今回はどうにもこうにも戻ってくれません。お客さんは大慌てですよねー..どうにもならないので、ミッションを下ろして分解してみると..
DSCN5319.jpg
バックギヤがボロボロに掛けています。恐らく、バックギヤがちゃんと向けていないのにローに入ったんでしょうね。こんな事が起こるのも旧車ならではです。シフターが摩耗して遊びが大きくなってきているのでしょう。
DSCN5318_20190204203035fc4.jpg
このままではどうにもならないので、シフトフォークとバックギヤを変えたい所ですが、このミッションが何を使っているのかが分かりません。恐らくケンメリの後期か130Z当たりなのでしょうが、詳細が分からない事には部品の選択が出来ません。当てずっぽに品番を探していたら、相当な種類が有る事が分かりました。そしてバックギヤはほとんどが生産廃止です。困りました。
DSCN5320.jpg
倉庫の中から71系のミッションを探してきましたが、バックギヤはサイズが違ってこのままでは使えません。程度は良さそうだったので、このミッションの中身をほとんど移植する事にしました。
DSCN5324.jpg
ケースも違うので、30用に交換です。71系のミッションの中古も程度の良いのは大分減りました。ネットではかなりの高額で取引されています。思惑どおりには行かない時代です..
本日の残念  /  tb: 0  /  cm: 1  /  △top