FC2ブログ
06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

京都のレストア旧車、中古車パーツ販売のチューニングカーショップ『斎藤商会』

   

京都市内にて旧車を中心にレストアやチューニングをメインにしているファクトリーです。
国産、外車を問わず幅広い車種のメンテナンスや修理が出来ます。絶販パーツの製作や再生、改造(改良)などが得意中の得意!

パワステギヤボックスOH 

DSCN6028.jpg
430セドリックのパワステギヤボックスのOH オイル漏れだけなので、オイルシールを交換すればいいだけなのですが、パーツは製廃です。
すべてを取り外して部品の寸法を計測し汎用のオイルシールから探してみます。
DSCN6029.jpg
こういった仕事は時間だけがかかります。パーツが揃わなければ、オーバーホールは出来ません。部品が揃うまでの間、車は動かすことが出来ませんし、リフトで作業をしようものなら、2.3週間はほかの仕事が出来なくなります。大変やりたくない仕事の1つです。
スポンサーサイト



日常のお仕事  /  tb: 0  /  cm: 1  /  △top

便利な世の中です。 

DSCN5940.jpg
トヨタ4Aエンジンのウィークポイントであるディストリビューターからのオイル漏れ。新品が買えた頃の最終価格が5万円強だったような...
周りからのオイル漏れはOリングの交換で直りますが、シャフトからのオイル漏れはアッセンブリーで交換しか直りません。パーツは勿論生産廃止品です。少し前なら頭の痛い所です。交換するにしても非常に高価でしたからねー
 このまま放置すると、染み出たオイルがデスビの中で拡散して、点火のシステムを壊してしまいます。そうなればエンジン停止、レッカーのお世話になります。
DSCN5941.jpg
ところが、世は流れ、こうした製廃部品もリビルト品が手に入るようになりました。価格も当時の半額ぐらいです。これは大変ありがたい事ですねー。旧車にも優しいこうした事例もどんどん増えておりますww


いよいよレンジローバーもフィニッシュ 

DSCN5765_2019071021405214a.jpg
レンジローバーのレストアもいよいよ佳境に入ってきました。残す所はミッションからのオイル漏れ修理、小物の取り付けなどです。
DSCN5766_20190710214053a99.jpg
どうも前オーナーが修理したのでしょうが、ずさんな作業がなされています。オイル漏れを止めようとあちこちコーキングを擦り付けて有るのですが、こんなのでは治るわけが有りません。全部ばらしてやり直しです。この作業だけで、2週間を要しました。救いはすべてのパーツが手に入ることです...
DSCN5929.jpg
そして、やっと出来上がりました。まだ塗装の気に入らないところが有りますので、やり直してもらいますが、ほぼ完成です。
DSCN5930.jpg
入庫から約3年。長かったです。殆ど外注で待たされた時間ですが、ちゃんと治りました。
DSCN5932.jpg
内装も見違えりました。
DSCN5933.jpg
快適な車になりました。エアコン、パワステ付き。型は古いですが、そもそも、豪華な車なので、普通に乗れそうです。
レストア日記  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top