FC2ブログ
11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

京都のレストア旧車、中古車パーツ販売のチューニングカーショップ『斎藤商会』

   

京都市内にて旧車を中心にレストアやチューニングをメインにしているファクトリーです。
国産、外車を問わず幅広い車種のメンテナンスや修理が出来ます。絶販パーツの製作や再生、改造(改良)などが得意中の得意!

ハコスカは特別 

DSCN7382.jpg
人気NO1はやはり、絶対王者のハコスカですかねー。うちに入ってくる車の中でも圧倒的に多いです。若かれし頃にせんどお世話になりましたが、今なお健在です。
この固体もオーナーさんの熱い情熱によって復活することが決まりました。
DSCN7383.jpg
ぱっと見は大分やられているように見えますが、骨格はしっかりしており、外板のメタルワークさえちゃんとすれば相当な上物になるはずです。
DSCN7384.jpg
やっぱりハコスカは特別です。部品に困らないというのがまず第一..過去に行ってきた経験が豊富にあるのが第二..固体の値段が上がって来たのに伴って、いい加減な修理がされなくなったのが第三..てな感じです。
DSCN7385.jpg
この程度の腐りや錆なら直すのも比較的楽です。
DSCN7386.jpg
昔にやられたRカットもちゃんとやり直しましょうね。
DSCN7387.jpg
フェンダーの継ぎ目も双方の鉄板を作り直して、元通りに..
DSCN7389.jpg
これでもメタルワークに半年ぐらいはかかるでしょうね。でもちゃんとやりますからねー
スポンサーサイト



レストア日記  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

クラックの下側.. 

DSCN7564.jpg
奇麗に塗装されているハコスカですが..
DSCN7566.jpg
このようにクラックが発生してきています。
DSCN7567.jpg
なぜこのようなことになるのかと言うと..
下地が幾層にもなっていて、地金からパテ、サフェーサー、塗装までが何層にも重なっていて、気温の変化で伸び縮みを繰り返した結果割れになって表れるのです。
DSCN7568.jpg
塗装を剥がしていくと、何層にもなった過去の歴史が現れます。3回以上は塗られていますね..
DSCN7569.jpg
本来は全部剥がして、地金まで出してから下処理をするのが正解ですが、とてつもなく高く付いてしまいます。この固体もいつかはそのような日が来るのでしょうが、修理にはあらゆる要素や事情が付いて回りますので、事情に合ったやり方をしなければなりません。
日常のお仕事  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

VG40センチュリーばっかり 

DSCN7301_20201224201513d6e.jpg
このところ、やけに多いVG40センチュリーのボールジョイント修理。月に2.3台は有りますかねー。車が大きくて重たいので
、負担がかかるのでしょうね。がたを発見したら早めに直しましょうね。中のボールがいかれてからだと高く付きますよー...

久しぶりにインターセプターの修理 

DSCN7772.jpg
この子が故障すると、修理までの道のりがまあまあ大変です。
今回も普通ならなんてことの無い修理なのですが、部品の調達に3カ月もかかってしまいました。
DSCN7771.jpg
この子はオリジナルの4速ミッションから、特殊な6速のミッションを搭載しています。したがって、関連パーツもすべてオリジナルとは違う部品を改造して取り付けています。これによって走りの性能は格段に向上しているのですが、関連パーツが消耗してくると、パーツの入手が困難です。すべて海外からの個人輸入でしか手に入らないので、とにかく時間がかかります。
DSCN7770.jpg
今回はクラッチの油圧系統のパーツがいかれたので交換します。
DSCN7769.jpg
海外には便利なパーツが存在します。あらゆる改造に適用するようにたくさんの種類の中からサイズや容量を選べるものです。
こういったパーツが有るからこそ、特殊な改造が行えます。ただし、入手は簡単では有りません。
DSCN7768.jpg
今回はただ単に交換するだけではなくサイズの変更でより扱いやすくアップグレード出来ました。
海外とのやり取りが、もう少し簡単に出来れば、日本のチューニング業界も面白い事になるのですが、トラブルが起きた時の対応などの問題が残っていますので、一般化するのはもう少し先になりそうです。

ドラムブレーキの研磨修理 

DSCN7711.jpg
時々ありますね。ドラムブレーキの内部に異物が入ったんでしょうね..シューの表面がレコード盤の様に変摩耗しています。
DSCN7714.jpg
ドラム側も勿論この通り。
これではブレーキがちゃんと効いてくれません。
DSCN7715.jpg
旋盤で表面を整えて修正します。
DSCN7716.jpg
これで元通り。勿論シューも新品に取り換えて作業終了です。
日常のお仕事  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top